« 富士五湖巡り(3)河口湖 | トップページ | 富士五湖巡り(4)峠の茶屋 »

2018年9月 3日 (月)

Nikon Fan Meeting 2018

富士五湖のup中ですが、ちょっと中断して、Nikon Fan Meeting 2018のレポートをします。

9月1日と2日は、Nikon Fan Meeting 2018が、ベルサール渋谷ファーストで開催されました。9月2日の日曜日に行ってきました。今回は、ミラーレス一眼のZ6、Z7を触ることが目的です。
雨模様の天気だったのですが、結構混んでいましたね。

NikonFanMeeting2018【Zシリーズ】
NikonFanMeeting2018【Zシリーズ】
Sony α6500 E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
(50mm f5.6 1/1250秒 ISO2000)  【撮影日2018.9.2】

NikonFanMeeting2018【Z7】
・・・こちらがZ7なんですが、持ちやすさや操作のしやすさはさすがです。ただ、EVFで見るフォーカスが合うところは、なんかコンデシのようであって、α7のほうが、いいようなイメージです。試用させてもらったのは、FTZマウントを付けた、24-70ミリと、500ミリたったのですが、明るければ、AFは早いのですが、500ミリは、AFが迷って合わないケースもありました。AFはOVF機のほうが、まだ一枚上のようです。
NikonFanMeeting2018【Z7】
Sony α6500 E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
(40mm f5.6 1/80秒 ISO125)  【撮影日2018.9.2】 


NikonFanMeeting2018【カメラの断面の様子】
・・Nikonお得意の断面図です。ミラーレスの小ささがよくわかります。Z7も、レンズを付けてしまうと形がフィットするようで、今まで、写真で見ていた「かっこ悪い」という印象は薄れました。
NikonFanMeeting2018【カメラの断面図】
Sony α6500 E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
(27mm f4.5 1/80秒 ISO160)  【撮影日2018.9.2】


NikonFanMeeting2018【58mm f0.95】
・・こちらが58mm f0.95です。巨大なレンズですが、Zマウントになって、こういうレンズが作れるようになったということでしょうが、きっと値段は100諭吉以上なんじゃないでしょうか。まさに「客寄せパンダレンズ」なんでしょう。しかし、いつか一度は触ってみたいですね。・・・・絶対買えないレンズです。
NikonFanMeeting2018【58mm f0.95】
Sony α6500 E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS (20mm f5.0 1/60秒 ISO100)  【撮影日2018.9.2】


NikonFanMeeting2018【NikonF2:ウエムラスペシャル】
・・・チタン製のウエムラスペシャルが置いてありました。こういうカメラを見ると安心します。
NikonFanMeeting2018【NikonF2:ウエムラスペシャル】
Sony α6500 E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS (50mm f5.6 1/80秒 ISO400)  【撮影日2018.9.2】


NikonFanMeeting2018【AF-S NIKKOR 500mm f5.6E PF ED VR】
・・・今回、初めて触ったレンズで感動したのが、この500mm f5.6E PF です。ボディは、D850でしたが、小さい、軽い、AF早かったです。大きさ・重さが、70-200mm f/2.8と同じくらいで、野鳥撮りに最適だと思いました。欲しくなりましたが、約50諭吉ということで、今の200-500mmで我慢します。
NikonFanMeeting2018【AF-S NIKKOR 500mm f5.6E PF ED VR】



« 富士五湖巡り(3)河口湖 | トップページ | 富士五湖巡り(4)峠の茶屋 »

機材」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます。持った感じの大きさは、D810と較べて、どうでしょうか?

 厚みは減ったけれど、、幅と高さは変わらないような・・・重さは?

 200-500欲しいですね。でも、iPhoneも欲しい、、(笑)

★パリンドロームさん、コメントありがとうございます~
Z7ですが、大きさはα7Ⅱを一廻り大きくした位、D810に比べると、大きさも
重さも、遥かに小です。ボタンの配置とか使いやすさはα7Ⅱ以上と思われます。
ただ、機能面では、残念です。
①マウントアダプターFTZでは、Df、D810、D5などに付属しているオールドレンズ用の機能を満たしていない。
 ・露出計連動ピンがないのでAi Nikkor使用の場合は、絞り込み測光で使用する。
 ・露出計連動ピンがないのでExif情報に絞り情報が記録されない
 ・CPU付きレンズでない場合、ボディ内にレンズ情報の記録ができないようだ。従ってレンズ情報をZ6に記録できない。(焦点距離・開放絞り)
 ・DタイプAFレンズ用のボディ内モーターカプラがないので、DタイプAFレンズはマニュアルフォーカスになる。(ニコンの主要デジ一眼は、すべてこの対応をしている)

α7ⅡのEマウント用のアダプタがでれば、乗り換えを検討しますが、それまではNikon Sonyの併用です。デジ一眼で最近、留守番が多いD700の代わりにするということも考えられますが、しばらく様子見になります。

★パリンドロームさん

もう一つ、
AF-S NIKKOR 500mm f5.6E PF ED VRは最高です。
なんせ軽い・・・これなら手持ちで使えます。
お金があればですけど

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586242/67123684

この記事へのトラックバック一覧です: Nikon Fan Meeting 2018:

« 富士五湖巡り(3)河口湖 | トップページ | 富士五湖巡り(4)峠の茶屋 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト

カテゴリー

最近のトラックバック