« 2013年秋バラ_代々木公園(4)_丹頂 | トップページ | 大船植物園(2)_菊 »

2013年11月 2日 (土)

大船植物園(1)_千日紅

今日は、大船植物園に行きました。
というのも、ちょっと前の新聞に、ここの千日紅が満開です。・・・と写真がでていたんです。
丸いぼんぼりのような花・・・・綺麗だな・・・・ということで観に行くことにしたんです。
天気は、予報は午前中晴れ・・・・しかし、ずっと曇りでした。・・・・昼過ぎからは、雨まで

咲いていたのは、紫、ピンク、白色でした。

20131102_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4 1/200秒 ISO800)【撮影日2013.11.2】

20131102_2
Nikon D700 Tamron SP AF180mm f/3.5 Di LD [IF] MACRO1:1(180mm F4 1/500秒 ISO800)【撮影日2013.11.2】

いちめんの千日紅畑に見えるかもしれませんが、実は芝生の一画にある花壇に咲いています。
いっぱい咲いているよう見えるようにしてます。

20131102_3
Nikon D700 Tamron SP AF180mm f/3.5 Di LD [IF] MACRO1:1(180mm F4 1/1000秒 ISO800)【撮影日2013.11.2】

20131102_4
Nikon D700 Tamron SP AF180mm f/3.5 Di LD [IF] MACRO1:1(180mm F4 1/1000秒 ISO800)【撮影日2013.11.2】

20131102_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4 1/200秒 ISO800)【撮影日2013.11.2】 

【センニチコウ】千日紅~ Yahoo百科事典によれば

[学名:Gomphrena globosa L.]

ヒユ科の一年草。熱帯アメリカ原産。
センニチソウともいい、属名のゴンフレナでよばれることもある。
高さ50センチメートルに達し、よく分枝して長楕円(ちょうだえん)形の葉を対生する。
各枝の先端に球状の頭花をつける。小花は花弁を欠くが、
2枚の包葉は光沢を帯びた紫紅色になり、
退色せず長期間色を保つので千日紅の名がある。
ほかに桃色や白色の品種もある。
種子は4~5月に播まき、夏の花壇や切り花あるいはドライ・フラワーにする。
近縁種に橙黄(とうこう)色の頭花をつけるアメリカセンニチコウがある。

PS

実は、ここにも、バラ園があって、もう見頃終わりかと覗いてみれば、
とっても綺麗に咲いていたバラが数多くあり、こちらも撮影しました。
また、整理してからアップしていきます。

« 2013年秋バラ_代々木公園(4)_丹頂 | トップページ | 大船植物園(2)_菊 »

花_センニチコウ」カテゴリの記事

コメント

千日紅は花期が長いですよね。
私は夏の終わりに、大船植物園で見ました。
涼しくなってからの方が花色が綺麗ですね
そして、いうまでもなく素敵に撮られますね~
バラ園のバラも楽しみです

えぷろんさま、コメントありがとうございます。
えぷろんさまも、こちらで観られたんですね。・・・・私は、この花は初めて観ました。
バラ園は、見頃だった花が5~6品種ありました。
・・・・しかも曇っていたので、綺麗に撮れましたよ・・・・・自己満足の世界ですがね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大船植物園(1)_千日紅:

« 2013年秋バラ_代々木公園(4)_丹頂 | トップページ | 大船植物園(2)_菊 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

カテゴリー

最近のトラックバック