« 小山田神社周辺のハス(2) | トップページ | 小山田神社周辺のハス(3) »

2013年7月23日 (火)

庭のブーゲンビリア

庭においてあった、ブーゲンビリアが咲きました。
ピンクの花の咲いた鉢を買ってきたのですが、一度、花が全部落ちてしまいました。
この暑さで、きっと復活したのでしょう。

20130723_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5.6 1/1600秒 ISO800)【撮影日2013.7.21】

この真中の白い部分が花で、周りのピンク色の部分は葉っぱって御存知ですか?
20130723_2
ikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5.6 1/2000秒 ISO800)【撮影日2013.7.21】

まるで、アジサイのようですよ。


【ブーゲンビリア】・・・Wikiによれば

ブーゲンビリア(Bougainvillea)は、オシロイバナ科ブーゲンビリア属に属する
熱帯性の低木である。和名はイカダカズラ(筏葛)である。

原産地は、中央アメリカ及び南アメリカの熱帯雨林。
ブーゲンビリアという名前は1768年にブラジルで木を見つけたフランス人の
探検家ブーガンヴィルに由来する。
花の色は赤から白まで変化に富み、ピンクや紫、橙、黄のものもあるように見える。
しかし、実際の花はいわゆる花の中央部にある小さな3つの白い部分である。
色づいた花びらに見える部分は花を取り巻く葉(包葉)であり、通常3枚もしくは6枚ある。
俗に魂の花とも呼ばれている。

« 小山田神社周辺のハス(2) | トップページ | 小山田神社周辺のハス(3) »

」カテゴリの記事

花_ブーゲンビリア」カテゴリの記事

コメント

ブーゲンビリア、我が家にもあります~。
もう何年も鉢植えのままになっていますが、やっぱり暑くなるとピンクになって真ん中の白い花が咲きます。
熱帯の花なんですね~。

サンゴさま、コメントありがとうございます。
一度、すべてのピンクの花びらが散っちゃって、枯れちゃうのかな・・・とも思ったのですが、
無事、復活してくれてね。・・・・うれしくってね
花全体の撮影も、とも思ったのですが、まだ、咲き方が歪なので、今のところ、諦めました。

お早うございます!
随分前に バリ島で泊った
ホテルが ブーゲンビリアだらけ
で とても 美しかったです!

pekoさま、コメントありがとうございます。
バリ島のホテルのブーゲンビリアなら、花盛りで絵になりますよね。
我が家のは、一鉢しかなかったもので、マクロにしないと絵にならないのでした。

名前は知っていましたが花を見るのは初めてで、はっきりと綺麗に見せていただき有難うございました。花の写真はお上手ですね。

nobunagaE.Tさま、コメントありがとうございます。
このブーゲンビリアですが、ピンク色の花と思われていますが、
実は、それは葉っぱであり、花は白である・・・・なんて、おもしろいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庭のブーゲンビリア:

« 小山田神社周辺のハス(2) | トップページ | 小山田神社周辺のハス(3) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

カテゴリー

最近のトラックバック