« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の記事

2013年3月31日 (日)

昭和記念公園の桜(2)新レンズの投入

では、霧雨の昭和記念公園の続きを・・・・・だいぶ、人が集まってきています。
20130331_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (28mm F8 1/640秒 ISO800)【撮影日2013.3.30】
5枚 横撮影 Photoshopで加工

パノラマスライドは、こちらからです。


今回は、久しぶりに、パノラマVRも作成してみました。
20130331_2
Sony NEX-5 E16mm f2.8 with VCL-ECF1 (10mm魚眼 F13 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.3.30】
縦撮影13枚(上方向6枚、下方向6枚、真下1枚) PTGuiで加工






もう一つ、こちらです。
20130331_3
Sony NEX-5 E16mm f2.8 with VCL-ECF1 (10mm魚眼 F4 1/60秒 ISO200)【撮影日2013.3.30】
縦撮影13枚(上方向6枚、下方向6枚、真下1枚) PTGuiで加工



今回は、新たに180ミリの望遠マクロを投入しました。こちらです。・・・・当然、中古で~す。
20130331_4
Sony NEX-5 E16mm f2.8 (16mm F4.5 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.3.30】


Tamron SP AF180mm f/3.5 Di LD [IF] MACRO1:1 という望遠レンズです。
使ってみると、すごく良いんですよ。・・・今回の作品例をいくつか紹介しましょう。
20130331_5
Nikon D700 Tamron SP AF180mm f/3.5 Di LD [IF] MACRO1:1(180mm F4 1/1000秒 ISO800)【撮影日2013.3.30】

背景が、綺麗にボケていますね。20130331_6
Nikon D700 Tamron SP AF180mm f/3.5 Di LD [IF] MACRO1:1(180mm F5.6 1/6400秒 ISO800)【撮影日2013.3.30】


花びらに、雫のついているところが、いいんじゃないかなぁ20130331_7
Nikon D700 Tamron SP AF180mm f/3.5 Di LD [IF] MACRO1:1(180mm F5.6 1/500秒 ISO800)【撮影日2013.3.30】


背景のボケ具合が、とっても柔らかくて、
また、接写リングなしに等倍まで寄れるのが気に入りました。(最近のレンズでは当たり前ですが)
7年前という、だいぶ古いレンズですので、AFは超遅いし、手ぶれ補正も付いていませんが、
考えてみれば、マクロ撮影ではAFはほとんど使わないし、
このクラスの焦点距離だと、どうせ三脚使うから、手ぶれ補正がなくっても不自由はさほど感じないし、
しいて言えば、レンズの明るさだけかなぁ・・・でもISO感度を上げればなんとかなるしね。

2013年3月30日 (土)

昭和記念公園の桜(1)

今日は、天気予報は、曇、昼ごろ、ちょっと晴れ。
そこで、朝から、昭和記念公園へ繰り出す事にしました。
ところが、到着してみれば、なんと霧雨。・・・・桜は満開なんですけど
20130330_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (52mm F10 1/200秒 ISO800)【撮影日2013.3.30】


こちらは、みんなの原っぱで、手前のポピ-は2~3分咲きです。
遠くに見えるのが、こちらの公園で一番桜が密集している「桜の園」です。20130330_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (50mm F10 1/250秒 ISO800)【撮影日2013.3.30】

では、近くへ行って、パノラマで見れば、
20130330_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (50mm F9 1/640秒 ISO800)【撮影日2013.3.30】
6枚 横撮影 Photoshopで加工

パノラマスライドは、こちらです。
霧雨の中、傘さして場所取りしている人も見えますね。

実は、今回、180ミリの新たなマクロレンズを持ち込んでいるんです。
ほんとは、青空をバックに撮りたかったのですが、雨粒が滴った桜も、おつなものです。
今、現像していますので、次回、アップしようと思います。

2013年3月29日 (金)

青空と桜です。

青空と桜は相性がイイですね。私は大好きなんです。
何枚か、アップしましょう。
20130329_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4.5 1/1250秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

場所は、近所の公園です。・・・・といっても、これらの写真だけではわかりませんね。20130329_2
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F3.8 1/2500秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】


この公園は、あまり知られていないようで、ゆっくり撮ることが出来るんですよ。20130329_3
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F5.6 1/6400秒 ISO800)【撮影日2013.3.23】

撮ったのは、午前中ですが、この日も、昼近くからは雲がでだしました。
20130329_4_2
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F4 1/6400秒 ISO800)【撮影日2013.3.23】

明日は、桜の満開を満喫できる最終日。
天気予報では、曇だけれども、昼ごろには、ちょっとだけ晴れ間も・・・・
ということで、どこへ行くかを検討中です。

2013年3月28日 (木)

新宿御苑(6)_ハクモクレン

新宿御苑での3月20日の花紹介に戻ろうと思います。
桜を見て廻っていたのですが、ハクモクレンの満開を見つけました。
20130328_1
Sony NEX-5 E16mm f2.8 with VCL-ECF1 (10mm魚眼 F9 1/160秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】


大勢の人が見てます。まだ、青空も少し残っていました。20130328_2
Sony NEX-5 E16mm f2.8 with VCL-ECF1 (10mm魚眼 F9 1/320秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】

近寄ってみれば、真っ白の大きな花です。
20130328_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5.6 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】


ここまでが、新宿御苑のハクモクレンです。

実は、ほんとにアップしたかった写真がこちらになります。
自宅から駅に向かう途中の住宅の庭に咲いたハクモクレンです。・・・・借景です
20130328_4
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (95mm F8 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.3.17】

自宅から駅に迎え途中の家々には、梅、桜、ハクモクレンなどが咲いています。
まず、梅が咲き出し、これが満開になると、突然、このハクモクレンが咲きます。
そして、次に桜の順番です。・・・・今は、ハクモクレンは新芽が出ていて、桜が満開です。

毎日、この時季は、駅に向かうのが楽しくってね。・・・・もう15年通ってますねぇ
このハクモクレンが青空の中にあると、ホントきれいに見えるんです。
いつか写真に撮りたいと思っていましたが、
やっと、念願かなって晴天のなかの白い花を撮ることができました。

これをアップしたかったんですが、新宿御苑のハクモクレンをダシにしました。

2013年3月27日 (水)

千鳥ヶ淵

小石川後楽園のあと、千鳥ヶ淵に行きました。
混んでいるの承知の上だったんですが、ここの堀を観るのを、もう4年続けてます。
昨年は、晴れていましたが、今年は曇り。・・・・仕方ないですね
正面は、日本武闘館、左手は、千鳥ヶ淵ではなく、牛ヶ淵です。・・白以外の色があったのここだけ
20130327_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F5 1/1600秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

武闘館方面は、大渋滞。・・・なんでも、東洋大学の卒業式だそうです。20130327_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F5 1/1250秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

こちら、千鳥ヶ淵です。・・・なんでなんすかね。桜とボートを撮りたくなる。20130327_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5 1/500秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

ここにくれば、定番。・・・・として、頭にこびりついてます。・・・・毎年毎年ネ20130327_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F5 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

こちらが、桜がいちばん茂っていました。・・・・・なんか絵になるんですね。。これが20130327_5_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F7.1 1/320秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

最後は、すごい人出の光景です。九段下の交差点から、千鳥ヶ淵方向を撮ってます。20130327_6
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (70mm F7.1 1/500秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

2013年3月26日 (火)

小石川後楽園の桜

六義園をでて、次に向かったのは、小石川後楽園でした。
ここも、枝垂桜のいいのがあるとの評判です。
これなんか、最大の枝垂です。・・・ただ残念なのは、どうしても、背景にビルが写っちゃうんです。
20130326_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (62mm F10 1/320秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】


こちらは、枝垂桜ではありませんが、花が池まで到達してます。20130326_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (80mm F10 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】



でも、ほんとに有名な枝垂桜は、右奥に見えている桜なんです。
やぁ、人がいっぱいで、撮影を断念しました。20130326_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (70mm F10 1/250秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

その代わりが、こちら。上の写真の左にあるピンク色の枝垂桜のアップです。20130326_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (80mm F10 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

背景にビルがなければ、ほんと、いいんですがね。・・・こちらは、2枚目の桜を反対から撮りました。20130326_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F10 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

トドメはこちら、隣にあるビッグエッグ(後楽園球場)です。20130326_6
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5 1/1250秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

2013年3月25日 (月)

六義園の枝垂桜

東京中の桜が満開になったという3月23日土曜日の午前中に、まず六義園に行きました。
まず、内庭大門をくぐれば、そこには・・・・・・絞りを間違えていて桜がボケとる
20130325_1
Nikon D700 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (56mm F9 1/60秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】


こちらが、有名な六義園の枝垂桜です。・・・下の方は記念撮影オンパレードで撮影困難でした。20130325_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (18mm F13 1/320秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

こちらが、全貌に近い、向かって左サイドからの枝垂桜になります。20130325_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (18mm F13 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】


向かって右サイドからの撮影。(観光客も入れてみました)20130325_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (18mm F13 1/320秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】


こちらは、桜の内側からです。
20130325_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (18mm F13 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】


こちらが、全貌を物語っていますね。20130325_6
Sony NEX-5 E16mm f2.8 with VCL-ECF1 (10mm魚眼 F8 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

実は、ここへは初めての訪問でした。
満開ちょっと過ぎという状況でしたが、ライトアップの撮影がベストでしょう。
だれか、ここのライトアップをアップしてくださ~い。

2013年3月24日 (日)

新宿御苑(5)_ヨウコウ

新宿口から、入苑して、最初に目に留まった桜がこちらです。
白と赤の二本の桜で、左の白色が「アメリカ」、右の赤色が「ヨウコウ」(陽光)です。
この木は、すぐ目に留まるので人気です。人のいない撮影ができたのは、
開苑直後だったからです。・・・・・早起きは三文の得です。
20130324_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F10 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】


ヨウコウは、苑内の各所に植わっていて、この日(春分の日)は、どこも満開となっていました。
20130324_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F7.1 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】

近寄ってみれば、花の芯は、もっと赤いです。20130324_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4.5 1/1000秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】

数多く植わっていましたので、花への超接近もできました。20130324_6
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4 1/1600秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】

ちなみに、最初の写真にあった「アメリカ」ですが、その花は実にチャーミングでした。
白色の花ですが、ちょっとだけピンク色が混ざっていました。
20130324_7
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4.5 1/250秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】

ちなみに、この桜、
アメリカで「アケボノ(曙)」という名前で広まりました。
1965年に日本に移入されましたが、日本では曙という品種があるので、
アメリカと名づけられたそうです。エドヒガシとオオシマザクラの交配種です。


ヨウコウですが、2日後の土曜日に観てみると、どれも、見頃過ぎになっており、
新緑芽も出だしていました。・・・アメリカは、まだまだ元気でした。


花 名:陽光(ヨウコウ)
系 統:カンヒザクラ×アマギヨシノ
花弁色:濃紅色
花弁数:一重 5枚
花 径:大輪 3.8~4.6㎝
開花期:3月下旬
その他:愛媛県の高岡正明氏によってカンヒザクラにアマギヨシノを交配して栽培。
         咲き始めは特に赤みがかったピンクで華やかに見え花弁には濃いピンクの線が
     入っています。萼筒は長い鐘形小花柄には毛があります。

2013年3月23日 (土)

今日は人も満開。

今日は、桜が満開になった休日となりました。
明日は、天気が崩れることが予想されるため、今日が桜を追っかける最終日となります。
どう動こうか綿密に計画を立てました。
まず、晴れている朝は、いつもこの時季に行く、通称、テリタビーズ公園に行って、
青空をバックに桜を撮る。・・・・・こんな感じです。
20130323_0
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4.5 1/1250秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】


ちなみに、こちらの公園は、まだ6分咲きくらいで、来週末も楽しめそうでした。
次に、桜の名所をまわらなければ、と、六義園、小石川後楽園、千鳥ヶ淵、そして
新宿御苑と廻りました。・・・・・新宿御苑は一昨日、行っていますが、再訪問です。

まあ、新宿御苑にはびっくりしました。・・・・芝生を埋め尽くす人人人・・・・ 時刻は、PM1:30頃です。
20130323_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (34mm F9 1/250秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

桜の撮影どころではありませんな。
桜の周りは、シートを広げて、昼食する人人人。
20130323_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (52mm F9 1/320秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

天気も、曇に変わっていましたし、桜には近寄れそうもないので、ちょこっと撮影して退散。20130323_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (50mm F9 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.3.23】

今日しか満開は見られない状況で、みんな、一斉にくりだしたんですね。
確かに、六義園、小石川後楽園、千鳥ヶ淵、新宿御苑・・・・どこも満開でした。

2013年3月22日 (金)

新宿御苑(3)_ソメイヨシノ

ソメイヨシノは、まだ、5分咲き位だったので、全貌を、お見せはできません。・・残念
仕方がなかったので、アップ中心です。
20130322_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (80mm F4 1/3200秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】

近寄ってみます。
20130322_2
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F9 1/500秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】

なんとも言えない、淡いピンク色ですね。20130322_3
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F5 1/1000秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】

さすがに気品がありますね。
20130322_4
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F5 1/800秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】


ちなみに、ソメイヨシノは

葉に先駆けて、花は枝条から咲きこぼれるほど一面に咲き、賑やかで、見栄えがあり棄てがたい風情があります。
全国津々浦々何処にでも植えられていて、「桜」の代名詞にもなっている品種。
竹中博士(遺伝研)の研究により「オオシマザクラ」と「エドヒガン」の交雑からできた桜であることが解明されました。
徳川末期、江戸染井の植木屋によって「吉野桜」の名で売り出され、明治33年(1900)「染井吉野」と名を改められました。
ちなみに、なんで桜開花の標準とされているかというと、挿し木でないと増えないので、
品種が、すべて、全くいっしょなんだそうです。・・・・・へ~へ~へ~

2013年3月21日 (木)

新宿御苑(2)_エドヒガン

朝、新宿御苑の公園の芝生を歩いていますと、満開の桜が1本ありました。
江戸彼岸(エドヒガン)でした。・・・・ちょっと見、色からすると、染井吉野にも見えます。20130321_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F16 1/100秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】


近寄ると、蕾はピンク色です。20130321_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4.5 1/1600秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】

花は、純白。・・・蕾といっしょに撮ると、花もピンク色が混ざっているように見えました。・・今だけです。20130321_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (70mm F4.5 1/1250秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】


昼近くに、花名の確認に近づくと、その名は、「江戸彼岸」でした。
当然ながら、この時間になると、宴会が始まろうとしていました。・・・ただし御苑は酒盛りは禁止です。
20130321_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (40mm F8 1/320秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】

ちなみに、エドヒガンとは、

本州、四国、九州に分布する野生種。
東京方面で多く栽培され彼岸の頃に開花するのでこの名がつけられました。
花柱基部、小花柄、葉柄などに毛が多く、がく筒がつぼ形であるという特徴があります。
この桜と他種の雑種には、がく筒上部がくびれるという特徴がほとんどの場合現われています。

とのことでした。

2013年3月20日 (水)

新宿御苑(1)_シダレザクラ

今日は、午後から曇りとの天気予報だったので、午前中が勝負の時間でした。
もともと、青空と花の場合、午前中の撮影のほうが圧倒的に綺麗に撮れますしね。
ということで、新宿御苑へ開門と同時に入苑しました。午前9時ちょうどです。
真っ先に向かったのは、下の池にある「枝垂れ桜」・・・・・満開との情報がありました。
20130320_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (18mm F16 1/100秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】

朝一番に向かっても、すでに人がいる。・・・・・千駄ヶ谷門から来た人達かな
20130320_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (18mm F9 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】


桜の下には、スイセンがまだ咲いていました。20130320_3_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F16 1/160秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】

こちらは、地面すれすれから撮影です。
20130320_4
Sony NEX-5 E16mm f2.8 with VCL-ECF1 (10mm魚眼 F8 1/800秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】

ひと通り撮影が終了して、離れるときには、ここまで集合していました。20130320_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F9 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】

最後は、ちょっと離れた場所から枝垂れ桜を狙いました。20130320_6
Nikon D700 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (250mm F8 1/250秒 ISO200)【撮影日2013.3.20】
with Nikon Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II


なお、ソメイヨシノも5~6分咲きになっておりました。
次回、アップしますね。・・・・・おそらく、週末には満開となるでしょう。

2013年3月19日 (火)

神代植物園の梅(4)_輪違い

明日は、休みでして、桜見に行く予定ですので、
今日は、梅の紹介を続けましょう。・・だいぶ残っているんですわ。
今回の紹介は、、輪違い(リンチガイ)です。
別名、思いの儘(オモイノママ)・・こちらの方が一般かもしれませんネ
植物園の表札は「輪違い」でした。・・すばり一つの木から、色違いの花が咲いているんです。
20130319_1_2
Nikon D300 Tamron SP AF11-18mm f/4.5-5.6 Di II LD [IF] (13mm F9 1/1000秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】


基本は、こんな白色の梅です。・・・・でも蕾を見ると、ほんのり紅色してます。20130319_2_2
Nikon D700 Ai Nikkor ED 180mm f/2.8S (180mm F4 1/1600秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】


やっと見つけた。ひとつの花がニ色に染まっています。
(右側に見える機材・・・・私のです。・・・・あせっていたもので)
20130319_3
Nikon D300 Tamron SP AF11-18mm f/4.5-5.6 Di II LD [IF] (18mm F9 1/1600秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】


最後は、白梅の中の紅梅です。・・・・これもやっと見つけた。20130319_4
Nikon F2 PhotomicA Micro-Nikkor 55mm f/2.8S Fuji Provia 100F 【撮影日2013.3.10】

この梅を調べてみれば、

品種名:輪違い(リンチガイ)」
別 名:思いの儘(オモイノママ)
分 類:花梅
開 花:2月上旬~3月上旬
花 色:淡紅色、紅色、絞り、白
大きさ:中輪20から25ミリ
花 型:八重咲き
性  :野梅性
枝  :樹高は3メートルから6メートル
花  :紅色の薄いものや濃いもの、また絞りのものもある。
その他:枝毎に紅梅と白梅に分かれていることが多いですが、
    中には一つの枝に紅梅と白梅が咲いていたり、
    さらには1個の梅の花びらが紅白だったりと、
    さまざまな形で咲いています。まさに、「思いのまま」です。

ということです。

2013年3月18日 (月)

皇居東御苑(5)_越の彼岸

越の彼岸(コシノヒガン)は、いくつかの場所に咲いていましたが、
ソメイヨシノに比べると、花がまばら咲きなんです。
20130318_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F5.6 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】


どれもこれも、結構、大木でありまして、
近くで花を撮れませんでした。・・・・このくらいが精一杯
20130318_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (200mm F5.6 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】

まだ、7分咲きくらいでしょうか
20130318_3
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (200mm F5.6 1/500秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】

ソメイヨシノにも似ているような花でした。
20130318_4
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (200mm F5.6 1/250秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】


越の彼岸(コシノヒガン)とは?

エドヒガンとキンキマメザクラの自然交雑種です。
富山県南砺市蓑谷に自生地があります。
各部に毛があることや萼筒がくびれているところは、エドヒガンの形質を伝えています。
子房に稔性がない固体が多く、現在の自生地では、
栄養繁殖で殖え広がったものではないかと言われています。
花はエドヒガンに似る。普通、花柄がなく散形状に咲く。
萼筒は特徴的な筒状壷型、毛は多い。

とのことです。

2013年3月17日 (日)

皇居東御苑(4)_寒緋桜

さて、撮った桜を早く紹介しないと、ソメイヨシノが満開になってしまいます。
こちらは、東御苑で満開の赤い桜です。カンヒザクラ(寒緋桜)というそうです。
20130317_5
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F5.6 1/1000秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】


まあ、紅色の鮮やかなこと。紅梅と間違えます。
20130317_6
Nikon D300 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F5.6 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】


この花、完全に下向きに咲きます。
20130317_7
Nikon D300 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F5.6 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】

どうしてもアップを撮りたくなりますね。
20130317_8
Nikon D300 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F5.6 1/500秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】

カンヒザクラをWikiで調べてみれば、

カンヒザクラ(寒緋桜)はバラ科サクラ属の植物。サクラの原種の一つ。
旧暦の正月あたりに咲くことからガンジツザクラ(元日桜)と呼ばれることもある。
ヒカンザクラ(緋寒桜)と呼ばれることもあるが、ヒガンザクラ(彼岸桜)と混合されやすいため、
近年はカンヒザクラと呼ばれることが多い。
別名、タイワンザクラ(台湾桜)、ヒザクラ(緋桜)とも言われる。
花は小輪、一重咲きで濃紅紫色。開花期は3月中旬。
花は釣鐘状の形となり花色と併せ独特の雰囲気をもつ桜です。

となります。

皇居東御苑(3)_梅林坂

平川門から入ると、すぐに梅林坂です。
全体の満開は超えていましたが、何本かは満開でした。
20130317_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F8 1/50秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】


城郭に梅の花がマッチしてますね。
20130317_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (82mm F8 1/250秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】



この梅なんかは、満開に近いかも。
20130317_3
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (27mm F8 1/320秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】

梅林坂全体を撮りたかったのですが、ちょっと時季を逸していまして断念です。

そして坂を登りきれば、そこには天守台があります。
前方の松の木の後が本丸跡で、芝生の広場になっています。
20130317_4
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F5.6 1/1600秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】

2013年3月16日 (土)

皇居東御苑(2)_ハルサザンカ

東御苑を入って、すぐのところに「ハルサザンカ」っていう名のサザンカがありました。
この色がとっても綺麗だったんですよ。
基本、ピンク色です。
20130316_4
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F8 1/160秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】


20130316_5
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (32mm F8 1/60秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】
with 内蔵フラッシュ使用です。



ハルサザンカを調べてみれば、

サザンカとツバキ(主としてヤブツバキとその園芸品種)との種間雑種または
その後代と考えられるグループで、開花期はさらに晩く、12月から4月にかけて咲く。
花形は一重咲きから八重や千重咲きまで様々で、花糸の基部が比較的長く合生し、
花の子房や葉の主脈上に毛が少ないなど、ヤブツバキに近い特徴を示す。
一部の例外を除いて、大部分の品種は結実が低いかほとんど結実しない。

皇居東御苑(1)平川門

今日は、仕事だったんですが、快晴だったじゃないですか。
というわけで、昼休みに皇居東御苑の散歩を決行しました。狙いは桜です。
こちらは、平川門です。
20130316_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F8 1/500秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】


土曜日にもかかわらず、走っている人が大勢いました。
20130316_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F8 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】

平川門の次にある、なんとか門です。
20130316_3
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F8 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.3.16】

2013年3月15日 (金)

大船植物園の梅(7)_一重寒紅

さあて、梅の写真は大船、神代で撮った在庫が、まだまだありますので、
見繕いましてアップしていきましょう。
今回は、大船植物園の一重寒紅(ヒトエカンコウ)です。紅色の小さめの花です。
20130315_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F5.6 1/400秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】

この時は、まだ2分咲きくらいでして、咲いた花を探すのに一苦労でした。
20130315_2
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F4 1/1000秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】

奥の方に、こっちを向いている花を発見。
20130315_3
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F4 1/2500秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】

でも、こちらがポジションが良かった。
20130315_4
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F4 1/4000秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】



品種名:一重寒紅(ヒトエカンコウ)
分  類:花梅
開  花:12月下旬~2月上旬
花  色:紅
大きさ:小輪(1.5~2cm)
花  型:一重
性質  :野梅性
枝    :枝よく伸びる
花  :花弁の縁取りがすっきりしている
その他:老木になると12月下旬から咲く

2013年3月14日 (木)

梅の花の銀塩写真です。

先月は2月28日に、東方天満宮に4度めの訪問しました。
その時に撮った銀塩写真を何枚か、ご披露しましょう。
こちらは、ネガフィルムからの1枚です。
20130314_1
Nikon F2 PhotomicA Micro-Nikkor 105mm f/2.8S Fujicolor 100【撮影日2013.2.28】

次からは、ポジフィルムでの撮影です。
・・・どうも、ネガよりポジのほうが粒子が細かく感じます。
20130314_2
Nikon F2 PhotomicA Micro-Nikkor 105mm f/2.8S Fuji Provia 100F 【撮影日2013.2.28】

こちらは、以前紹介しました黄緑梅です。
20130314_3
Nikon F2 PhotomicA Micro-Nikkor 105mm f/2.8S Fuji Provia 100F 【撮影日2013.2.28】

でも、ほんとに紹介したかったのはこちらです。
多重露出撮影?・・・違いますよ・・・・特殊フィルター使用です。
20130314_4
Nikon F2 PhotomicA Micro-Nikkor 105mm f/2.8S Fuji Provia 100F 【撮影日2013.2.28】
マルミ光機「スポット」フィルター使用

これは、イメージ通りですね。絞りは多分 f4 くらいと思います。

予期せぬ時に、おもしろい写真って撮れるものです。

2013年3月13日 (水)

神代植物園の梅(3)_見驚

梅の写真は、神代と大船もまだ残っているんですが、
まあ、これらで、桜とチューリップ時季まで保ちそうですね。
今日のご紹介は、見驚(ケンキョウ)です。ピンク色の色鮮やかな梅です。
20130313_1
Nikon D300 Tamron SP AF11-18mm f/4.5-5.6 Di II LD [IF] (13mm F8 1/500秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】

近寄ってみました。
20130313_2
Nikon D700 Ai Nikkor ED 180mm f/2.8S (180mm F4 1/6400秒 ISO800)【撮影日2013.3.10】


淡いピンク色がいいですね。
20130313_3
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (82mm F8 1/250秒 ISO400)【撮影日2013.3.10】
with Nikon オート接写リング PK-12 + PK-13


アップで見てみれば
20130313_4
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F4 1/1250秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】

青空が出てきたので、青空をバックにしてみました。
20130313_5
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F4.2 1/2000秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】


最後は、一風変わった梅木をご覧あれ
20130313_6
Nikon D300 Tamron SP AF11-18mm f/4.5-5.6 Di II LD [IF] (11mm F6.3 1/2000秒 ISO400)【撮影日2013.3.10】

品種名:見驚(ケンキョウ)
分 類:花梅
開 花:2月~3月
花 色:淡紅色
大きさ:大輪30から40ミリ
花 型:八重咲き
性  :野梅性
枝  :樹高は3メートルから6メートル
花  :花の色は咲き進むと白くなる。
その他:大輪で見て驚くというのが名の由来です。

2013年3月12日 (火)

神代植物園の梅(2)_紅千鳥

さて、まだ、大船植物園の梅もアップ終わっていませんが、とりあえず、
神代植物園の梅の紹介をしましょう。
まずは、紅千鳥です。・・・・これが結構な大木でありまして雄大な梅でありました。
20130312_4
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F8 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】

接近すれば、こんな感じです。
20130312_5
Nikon D300 Tamron SP AF11-18mm f/4.5-5.6 Di II LD [IF] (18mm F9 1/1250秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】

20130312_6
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F4.5 1/640秒 ISO200)【撮影日201.3.10】

最後は、ちょっと変わった写真を1枚。・・・これでは、花の色もわかりませんね。
20130312_7
Nikon D300 Tamron SP AF11-18mm f/4.5-5.6 Di II LD [IF] (18mm F9 1/4000秒 ISO400)【撮影日2013.3.10】

品種名:紅千鳥(ベニチドリ)
分 類:花梅
開 花:2月~3月
花 色:明るい紅色
大きさ:中輪20から25ミリ
花 型:一重咲き
性  :紅梅性
枝  :樹高は3メートルから6メートル
花  :雄しべが一部花弁化している。花はよい香りがする
その他:樹勢強健

ちなみに、紅梅性とは、

花色が明るい紅色をしているもの。
極少ないが、白花のものも含まれる。
新梢は日焼けしても緋梅性ほど濃くならず、青みが残る

ということだそうです。

神代植物園の梅(1)

さあて、神代植物園に入りましょう。
ここちらは、深大寺門です。時刻は、開門のAM9:21・・・まだ門が閉まってます。
20130312_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (26mm F7.1 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】


開門のAM9:30と同時に入園し、早速、梅園に向かいました。
20130312_02
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (20mm F8 1/250秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】

まあ、満開ですね。
20130312_03
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (29mm F8 1/250秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】

園に入ると、まあ、大きな木が多いんです。
大きい木は、花に近寄れなくて、困るんですね。

2013年3月10日 (日)

深大寺詣

今日は、神代植物園に満開の梅を撮影に出かけたんです。
植物園の開門はAM9:30ですが、ちょっと早く行って、深大寺を観ました。
こちらが、山門で正面入り口となります。時刻は、朝のAM8:30くらいです。
紅白の梅が左右にありました。
20130310_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F7.1 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】


寺の中に入ると、右に鐘楼
20130310_3
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F9 1/320秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】


正面が、本堂です。
20130310_4
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F8 1/250秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】


本堂の左手に元三大師堂があります。
20130310_5
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F5.6 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】


こちらは、西門近くにある釈迦堂です。
手入れが行き届いた紅白の梅の木か見頃をむかえていました。
20130310_6
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (24mm F7.1 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】


そして、本堂の裏手に北門があり、開山堂があります。
20130310_7
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F7.1 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】


北門をでれば、神代植物園の深大寺口入り口はすぐ近くです。
梅園は、ここから入れば、すぐ右手にあります。
20130310_8
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (26mm F6.3 1/160秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】


梅園の様子は整理にちょっと時間がかかるので、後日にしますが、
門前の商店街の様子を何枚か
20130310_10
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (28mm F7.1 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】

20130310_11
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (26mm F5.6 1/160秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】

20130310_12
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (29mm F5.6 1/320秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】

20130310_13
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F5 1/100秒 ISO200)【撮影日2013.3.10】

深大寺蕎麦が名物なので、蕎麦屋が数多くあります。
ちなみに、この日のお昼ごはんは、こちら・・・・十割蕎麦です。
20130310_14
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (20mm F6.3 1/500秒 ISO1000)【撮影日2013.3.10】

「深大寺」は元々深沙大王の寺「深沙大王寺」という名で、
それが縮まり「深大寺」という名になりました。
さらに寺院には「山号」「院号」「寺号」といわれる名があり、
深大寺の山号は「浮岳山」、院号は「昌楽院」で、
天台宗の本山比叡山に匹敵する位を持ち、
「天台宗別格本山浮岳山昌楽院深大寺」というのが正式な名称です。

2013年3月 9日 (土)

松田山の河津桜です。

今日は、快晴でもあったので、松田山に、河津桜を観に行きました。
松田山は、東名高速道路にのって、大井松田インターを降りてすぐのところにあります。
ハーブ園もありましたが、今日は、桜が中心です。
菜の花も咲いていたので、ピンクと黄色が鮮やかでした。
20130309_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F10 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.3.9】


よく見れば、富士山も見えるのですが、黄砂の影響か、霞んでいて、やっと見える程度。
1月頃に、ここに来ると、雄大な富士を見ることができるんですがね。
20130309_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (60mm F10 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.3.9】


河津桜のほうは、満開といっていいでしょうね。若葉芽もまだ、ほとんどなく
ピンク色に染まった感じです。
20130309_3
Nikon D300 Tamron SP AF11-18mm f/4.5-5.6 Di II LD [IF] (11mm F8 1/250秒 ISO200)【撮影日2013.3.9】


桜と菜の花と思ったのですが、なかなかベストポジションがなくて、
いちおう、これが、今日の一番・・・・・・今一つです
20130309_4
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F8 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.3.9】


花に近づいて撮ったこちらは、お気に入りです。
20130309_6
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F5 1/250秒 ISO200)【撮影日2013.3.9】



どうしても、マクロで撮りたくなってしまう習性・・・・・
20130309_7
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F8 1/1000秒 ISO200)【撮影日2013.3.9】


昼には、帰りの途についたのですが、東名は事故で大渋滞、一般道も混んでいて
散々でありました。

2013年3月 8日 (金)

大船植物園の梅(6)_鹿児島紅

この梅は、目立ちます。・・なんせ、純紅色なんです。
こんな真っ赤な梅は見たことありませんでした。
でもこの時は、まで、咲き始めでした。
20130308_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F5.6 1/320秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】


いい色しているんですよ。・・これが
20130308_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (40mm F5.6 1/250秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】


たんだん近寄りますネ
20130308_3
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (90mm F5.6 1/80秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】


それでは、アップに挑戦。
20130308_4
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F4 1/250秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】


色の鮮やかな梅の花でした。
20130308_5_2
Nikon D700 Ai Nikkor ED 180mm f/2.8S (180mm F4 1/400秒 ISO640)【撮影日2013.2.23】


品種名:鹿児島紅(カゴシマベニ)
分  類:花梅
開  花:2月上旬~3月中旬
花  色:濃紅
大きさ:中輪(2~2.5cm)
花  型:八重
性    :紅梅性
その他:花弁は三重となり、花糸も赤い

今頃、多分、満開と思います。

2013年3月 7日 (木)

大船植物園の梅(5)_内裏

さてさて、梅の花の紹介に戻りましょう。
場所は、大船植物園です。・・・・ピンク色の梅の花が、とっても綺麗でした。
20130307_1
Nikon D300 Tamron SP AF11-18mm f/4.5-5.6 Di II LD [IF] (18mm F9 1/320秒 ISO800)【撮影日2013.2.23】

撮影は、2月23日ですから、今となっては、満開でしょうね。
20130307_2
Nikon D300 Tamron SP AF11-18mm f/4.5-5.6 Di II LD [IF] (18mm F8 1/250秒 ISO800)【撮影日2013.2.23】


アップで観てみれば、
20130307_3
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F4 1/2500秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】


こんな感じでした。
20130307_4
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F4 1/2500秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】

品種名:内裏(ダイリ)
分  類:花梅
開  花:3月から4月
花  色:淡紅色
大きさ:大輪(30~40㍉)
花  型:八重咲き
性 質:紅筆性
樹 高:3~6㍍
花    :一重咲きのものと八重咲きのものがある。花弁は丸く裏紅で絞りが入る。
その他:半八重咲きで三重くらいになり、淡紅色から絞り咲きへと変化八重咲き
        蕾の先が紅く、尖(とが)っている。

2013年3月 6日 (水)

原宿から明治神宮へ行ったよ

原宿から明治神宮へ行きました。ただし、約1ヶ月前。新宿御苑に行った帰りです。
こちら、原宿駅。時刻は、12時半です。いつ行っても人が多いです。
20130306_01
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (66mm F7.1 1/1250秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】


こちらは、表参道駅方向。
20130306_02
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (42mm F7.1 1/1250秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】

あそこに見えるのが、代々木体育館。丹下健三設計ですね。
20130306_03
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (26mm F7.1 1/2000秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】

明治神宮、一の鳥居ですね。
20130306_04
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F7.1 1/80秒 ISO200)【撮影日2013.2.3】

ちょっと行くと、日本酒の奉納と
20130306_06
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F7.1 1/40秒 ISO200)【撮影日2013.2.3】

ワインの奉納です。
20130306_05
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F7.1 1/40秒 ISO200)【撮影日2013.2.3】

こちらがニの鳥居。木製です。・・・・すごいですね
20130306_07
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F7.1 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.2.3】

青空をバックに鳥居を撮ってみました。
20130306_09
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (38mm F7.1 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.2.3】


こちら、内苑への入り口です。
20130306_10
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F7.1 1/250秒 ISO200)【撮影日2013.2.3】

こちらは、本殿。・・・・拝謁しました。
20130306_11
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F7.1 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.2.3】


天気が良かったんで、ちょっと寒かったけど、気持よかったです。
パワースポットでもあるそうですよ。

2013年3月 5日 (火)

わが家のクリスマスローズです。

この間の日曜日、庭に出ると、日陰に一輪の花。
なんだこれは? と見てみると、なんと、クリスマスローズです。
予想しなかった場所だよ。
実は、クリスマスローズは、2株、昨年のクリスマス頃に植えたんです。
そっちは、全く花が咲きそうにありませんでした。
20130305_1
Sony NEX-5 E18-55mm f/3.5-5.6 OSS (24mm F11 1/40秒 ISO200)【撮影日2013.3.3】
with Meike Macro Ring Flash FC100


なんせ、時刻は朝の9時、朝日に当って逆光。
しかも、地上10センチ。
花は、下向き。
地面に着けて撮った次第です。

こんな時季に、この花って咲くんですか。

2013年3月 4日 (月)

大船植物園の梅(4)_月の桂

これは、綺麗な梅でした。「月の桂」です。
青軸性ですので、芯が緑色です。
20130304_1
Nikon D300 Tamron SP AF11-18mm f/4.5-5.6 Di II LD [IF] (18mm F9 1/1600秒 ISO800)【撮影日2013.2.23】

青軸性の梅って好きだなぁ
20130304_2
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F4 1/1250秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】

青空に浮かんでいます。
20130304_3
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F4 1/2500秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】

品種名:月の桂(ツキノカツラ)
分  類:花梅
開   花:2月中旬~3月中旬
花   色:青白(1.5~2.5cm)
大きさ:中輪(2~2.5cm)
花   型:一重
性      :青軸性
枝      :枝は緑色
花      :花弁波あり、5弁であるが6弁のでる割合高い
その他:一重中輪の白花種。青白く輝く月の様ということから呼ばれる
          清楚な印象で白花の代表種。でも樹勢強健です。

2013年3月 3日 (日)

わが家の雛人形

今日は、3月3日のひな祭りです。
わが家も一週間前から、雛人形をピアノの上に飾っています。・・記念に撮影しました。
(ほんとは、あと、「ぼんぼり」と「ひな壇」があるのですが、省略しています。)
20130303_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F14 1/60秒 ISO720)【撮影日2013.3.3】
スピードライト SB-600使用、トリミングありです。

お内裏さまのアップです。
20130303_2
Nikon D300 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F5.6 1/60秒 ISO1000)【撮影日2013.3.3】

お雛様のアップです。
20130303_3
Nikon D300 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F5.6 1/60秒 ISO1000)【撮影日2013.3.3】

よく見ると、唇に、歯のような白いものが見えます。・・・初めて気が付きました。

お雛様人形は、3月3日を超えて飾っておくと嫁にいけなくなると
言われているので、今日、片づけます。

2013年3月 2日 (土)

三渓園(3)_周りの景色と梅の花

三渓園と言えば、三重塔とか茅葺きの建物とか、風情があります。
一応、一周りして、梅とのコラボを試みました。
まずは、定番の三重塔と梅です。・・・・絞り調整で苦労しました。
20130302_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (48mm F14 1/160秒 ISO200)【撮影日2013.2.28】


こちらは、大池にある観心橋と紅白の梅のコラボです。
20130302_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (52mm F4.8 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.2.28】

こちらは、観心橋と白梅のコラボです。
20130302_3
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (52mm F5.6 1/500秒 ISO800)【撮影日2013.2.28】



こちらは、臨春閣と白梅のコラボ・・・と言ってもわからないだろうなぁ
20130302_4
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (65mm F6.3 1/500秒 ISO200)【撮影日2013.2.28】



こちらは、旧燈明寺本堂と梅です。・・・・朝9時ちょっと過ぎで逆光を浴びてます。
20130302_5
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (95mm F6.3 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.2.28】



こちらは、待春軒と紅白の梅とのコラボです。・・・・・・甘酒あります。
20130302_6
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (26mm F8 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.2.28】

2013年3月 1日 (金)

三渓園(2)_臥竜梅

三渓園で、もう一つ有名な梅がこちらになります。
臥竜梅(ガリュウバイ)と呼ばれています。
20130301_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F5.6 1/1250秒 ISO800)【撮影日2013.2.28】

花は、ところどころにちょっとだけ咲いていましたが、
この梅は、枝ぶりを観るものなのでしょう。
下に咲いていたスイセンは満開です。
20130301_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (28mm F5.6 1/2000秒 ISO800)【撮影日2013.2.28】


老木になると木質部が縦に割れて幹が裂け、倒れて地面に着いた部分から発根し
繰り返してその姿が竜が臥しているようなのでそう呼ばれています。
各地に、そうした古木で臥龍梅と呼ばれる梅の銘木があるそうです。
20130301_3
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F3.5 1/500秒 ISO200)【撮影日2013.2.28】


劉備玄徳が諸葛孔明を「臥龍」と呼びかけ、三顧の礼を持って迎えました。
臥龍は寝ている龍の事で、雨を得ないので天に昇れないでいます。
しかし、いずれ機会が得られれば天下を治めると評されたことにあやかって
「臥龍」と呼んだそうです。・・・・・ということで日本では昔、武家に好まれていました。

花は咲いていないのか?・・・奥の方には、白い花をつけた梅の木がありました。
20130301_4
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F5.6 1/1600秒 ISO800)【撮影日2013.2.28】


近くは、花が、ポツンポツンと咲き始めです。
20130301_5
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F3.5 1/1000秒 ISO200)【撮影日2013.2.28】


近寄ってみると・・・・花は普通の梅の花
20130301_6
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F3.8 1/1250秒 ISO200)【撮影日2013.2.28】

種  名:臥竜梅(ガリュウバイ)
分  類:花梅
開  花:2月中旬~3月上旬
花  色:紅、白
大きさ:中輪(2~2.5cm)
花  型:八重
性     :野梅性
その他:幹があたかも竜のような形をしているので、この名があります。
     このあたりの梅の木は、原三渓が援助した画家、下村観山筆の
         名作「弱法師」のモデルになりました。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト

カテゴリー

最近のトラックバック