« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の記事

2013年2月28日 (木)

三渓園(1)_緑萼梅

今日は、暖かくて、いい天気でしたね。
実は、今日は、休みをもらったんです。というか、今日を外すと休めない状況。
で、平日の休み。しかも晴れる。でどうしようと考え、急遽、三渓園に行くことにしました。
土日の三渓園の駐車場はド混みでなかなか入れませんからね。
お目当ては、「緑萼梅」です。先日、黄緑梅をアップしましたが、違い目が思い出せなかった
こともあり、もう咲いていると思い、出かけたのでした。
緑萼梅は、三渓園の南門から、大池に向かう途中に植わっているんですが、
まだ、早かったようで、きちんと咲いていたのは、南門のすぐそばにあった一本のみでした。
20130228_1
Nikon D300 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (180mm F8 1/500秒 ISO250)【撮影日2013.2.28】

近寄れば、・・・・
20130228_2
Nikon D300 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (340mm F4.8 1/1000秒 ISO200)【撮影日2013.2.28】
with Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II


萼が緑色ですね。
20130228_3
Nikon D300 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (340mm F4.8 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.2.28】
with Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II


マクロレンズで近寄ると、こんな感じです。
20130228_5
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F3.8 1/1000秒 ISO200)【撮影日2013.2.28】


20130228_6
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F5 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.2.28】


さて、先日の東方天満宮の黄緑梅との違い目がわかりました。
こちらは、一重ですが、黄緑梅は八重でした。・・・・しかし、よく似てました。

品種名:緑萼梅(リョクガクバイ)
分  類:花梅
開  花:3月から4月
花  色:移り白
大きさ:中大輪(2.5~3.5cm)
花  型:一重咲き
性質  :野梅系・青軸性
枝    :樹高は3メートルから6メートルくらいである。
    葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)
その他:横浜市から友好都市上海市にサクラを贈ったお礼に
       送られた中国蘇州産の珍しい梅の木です。
       花びらの付け根の萼(がく)の部分が緑色であることから名付けられました。
       本園には昭和52年に移植されました。

2013年2月27日 (水)

大船植物園の梅(3)_八重茶青

さて、今日は、八重茶青(ヤエチャセイ)の紹介です。
まあ、五分先といったとこですね。
Ds3_9563
Nikon D300 Tamron SP AF11-18mm f/4.5-5.6 Di II LD [IF] (11mm F9 1/640秒 ISO800)【撮影日2013.2.23】


こうして見ると、いっぱい咲いているように見えます。
Ds7_9115
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F5.6 1/1000秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】


一輪の花を捕まえて、近寄ってみました。
Ds7_9117
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F4 1/1250秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】


最後にお見せしたいのはこちら。
Ds3_9677
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (200mm F5.6 1/320秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】
マルミ光機 「スポット」 フィルター 使用です。


なかなかイメージどおりに撮れました。・・・このフィルター、望遠レンズを使うのがよさそうです。


では、八重茶青についての調査結果を最後に

品種名:八重茶青(ヤエチャセイ)
分  類:花梅
開  花:1月中旬~2月上旬
花  色:乳白色
大きさ:大輪(3~4cm)
花  型:八重
性質  :野梅性
花    :花は平開。花底が青いので青軸性の花に見える。
    花の色は淡い黄緑色がかかる。萼は茶色
その他:中国原産で、日本へは古代に渡来した。葉は楕円形で、
       互い違いに生える(互生)。

2013年2月26日 (火)

大船植物園の梅(2)_大盃

では、紅色の早咲き梅をご紹介しましょう。
大盃(オオサカズキ)という梅です。・・・・・八分咲きといったくらいでしょうか
20130226_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (32mm F5.6 1/400秒 ISO400)【撮影日2013.2.23】

この梅、雄しべがにぎやかなんですよね。
20130226_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (38mm F5.6 1/125秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】


影となっているバックの黒色に紅色の梅が浮かび上がってますね。
20130226_3
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F4 1/320秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】

近寄ってみると、転々バラバラの方向を向いてますわ。
20130226_4
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F4 1/400秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】


最後は、咲き始めの一輪です。
20130226_5
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F4 1/250秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】

Micro-Nikkor 105mm f/2.8S ですが、ボケが丸ではなく、八角形ですわ。古いレンズなもんで残念。
Tamron SP AF90mm f/2.8 は、丸くなりますがね・・・

品種名:大盃(オオサカズキ)
分  類:花梅
開  花:1月~3月
花  色:紅色
大きさ:大輪(2.5~3.0cm)
花  型:一重咲きの中大輪で、花びらは丸くて重なる。
性 質:紅梅性
樹 高:3~6㍍
花    :抱え咲き、しべは長く紅色。散開、萼は濃こげ茶色。
その他:樹勢強健、枝に赤、黄色の筋が出るものを「紅珊瑚(ベニサンゴ)」
     と呼ぶ丸味のある美しい実もつく
        庭木や盆栽でも人気がある

2013年2月25日 (月)

大船植物園の梅(1)_玉牡丹

大船植物園は、前評判では、「すべての梅は開花しています。」「満開の梅もあります。」
とのことでした。そこで、貴重な休みの土曜日(2/23)を使って行ってみることにしました。
確かに、満開の梅が2~3本ありましたね。
まず、最初が「玉牡丹」です。白梅の満開は、今年初じめて観ました。
20130225_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F5.6 1/500秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】


近寄ってみると、・・・・・・にぎやかでいいですね。
20130225_2
Nikon D300 Tamron SP AF11-18mm f/4.5-5.6 Di II LD [IF] (18mm F5.6 1/800秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】


アップの写真を数枚アップしますね。
20130225_3_2
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F4 1/3200秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】

20130225_4_2
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F4 1/1250秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】

20130225_5_3
Nikon D700 Ai Nikkor ED 180mm f/2.8S (180mm F4 1/500秒 ISO250)【撮影日2013.2.23】
with Nikon PN-11


ネットで「玉牡丹」の性格を調べてみました。

品種名:玉牡丹(タマボタン)
分  類:花梅
開  花:2月上旬~3月中旬
花  色:移り白
大きさ:中大輪(2.5~3.5cm)
花  型:八重
性質  :野梅性
枝    :新梢は緑色で、陽光面に茶褐色の斑
花    :中側の弁小さく平たくみえる。香りは強いほう。
その他:丸味のある美しい実もつく。

2013年2月24日 (日)

東方天満宮の黄緑梅

黄緑梅(オウリョクバイ)です。
やっと咲き始めました。逆光で撮影しないといけない場所に植えられており、
花の数も、まだ少なく、黄緑色の梅の感じを捉えることが、かなり難しかったです。
廻りの梅に比べても、緑色が冴えていて違う梅ということはすぐに分かります。
20130224_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F5.6 1/500秒 ISO200)【撮影日2013.2.23】

もう少し、枝打ちをしておくと、綺麗に見えると思うんですけどね。
20130224_2
Nikon D700 Micro-Nikkor 55mm f/2.8S (55mm F8 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.2.23】

ガク、蕾は黄緑色です。
20130224_3
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (200mm F5.6 1/800秒 ISO200)【撮影日2013.2.23】

蕾の様子が一番よくわかる写真です。
20130224_4
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F16 1/80秒 ISO200)【撮影日2013.2.17】

こちらは、花の後ろ側がよく見えた写真です。
20130224_5
Nikon D700 Ai Nikkor ED 180mm f/2.8S (180mm F4 1/2000秒 ISO400)【撮影日2013.2.23】


最後は、神社の本殿を背景にしました。
20130224_6
Nikon D700 Micro-Nikkor 55mm f/2.8S (55mm F8 1/250秒 ISO200)【撮影日2013.2.23】


黄緑梅をネットで調べても、詳しいことはわかりませんでしたが、
中国からの贈り物で、日本に3本しかないと言われています。

三渓園に色合いが大変良く似た緑鍔梅がありますが、
花の色と形がそっくりで、はっきり言って、違い目がよく分かりませんです。

2013年2月23日 (土)

東方天満宮の梅

近所に、東方天満宮という神社があります。
いままで、知らなかったんですが、梅の名所なんです。
実は、今季、ここへは3度めです。
先々週の土曜日に行ってみたら、お目当ての梅は、まだ蕾のまま。
先週の日曜日に行ってみたら「梅まつり」をやっていて、撮影どころではありませんでした。
今日、再々度、行ってみると、人影まばらで絶好の状況でした。

大鳥居の先には、大銀杏があり、横浜市が名木古木指定しています。
だいぶ枝落としされていますが、大木ですね。
20130223_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F10 1/500秒 ISO400)【撮影日2013.2.23】

ニの鳥居は、紅色の木製鳥居です。紅梅とコラボ。20130223_4
Nikon D700 Micro-Nikkor 55mm f/2.8S (55mm F8 1/500秒 ISO200)【撮影日2013.2.23】



ことらが、本殿です。~こじんまりしています。
20130223_5
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (24mm F9 1/640秒 ISO400)【撮影日2013.2.23】

向かって左手は南側になるので、日差しのせいか、満開の紅白の梅です。
20130223_6
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F3.5 1/3200秒 ISO400)【撮影日2013.2.23】

白梅を捉えれば、こんな感じになります。
20130223_7
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F3.5 1/3200秒 ISO400)【撮影日2013.2.23】

ちなみに、天満宮の謂れはこちら
20130223_2


実は、狙っていたのは、「黄緑梅」という日本に3本しかないという梅です。
やっと、今回撮れましたので、次回、アップします。

2013年2月22日 (金)

新宿御苑(9)日本庭園の木々たち

ここの日本庭園は、置いてある木の大きさといい、手入れの状況といい最高です。
20130222_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (35mm F8 1/500秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】



手前の大きい木は、松かな?
20130222_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (18mm F8 1/640秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】


樹の幹の具合が、なんとも好きです。
20130222_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (18mm F8 1/500秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】


幹に近寄れば、こんな感じです。
20130222_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (18mm F8 1/500秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】


最後は、NTTドコモ代々木ビルを真ん中に収めてみました。
20130222_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (35mm F8 1/1000秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】

2013年2月21日 (木)

旧岩崎邸

ちょっと前ですが、湯島天神の帰りに、名所となっていた、旧岩崎邸に立ち寄りました。
これが、残念ながら、修理中でして。・・・・しかも、部屋の中は撮影禁止とな。
20130221_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F7.1 1/640秒 ISO500)【撮影日2013.2.9】

中は、見学しましたが、撮影は外観のみです。
20130221_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F5 1/4000秒 ISO400)【撮影日2013.2.9】

こういうふうに、部分だけ切り取ると、ちょっとは、様になりますね。
20130221_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (70mm F10 1/1000秒 ISO400)【撮影日2013.2.9】

庭には、大きな灯籠がありました。
20130221_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F10 1/160秒 ISO400)【撮影日2013.2.9】

洋館の裏には、和室があり、岩崎さんは日常はこちらで生活してたそうです。
20130221_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (45mm F10 1/400秒 ISO400)【撮影日2013.2.9】

ということで、よかったのは、こちら。
庭にあった寒さよけ付きの牡丹です。
20130221_6
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (45mm F5 1/400秒 ISO500)【撮影日2013.2.9】

しかし、ここは屋敷内こそ撮影ポイントなんですよ。明治の香りがしています。
ところが、撮影出来ません。写真撮ったって、減るもんじゃないでしょうに。
撮影ポイントとしては、いまいちでした。

2013年2月20日 (水)

2月20日というと

個人的なことで恐縮ですが、結婚記念日なんですよ。
しかも、なんと25回め。銀婚式っていうんですかね。
ということで、花でも買って帰るかと、室内に置け、手入れの楽なのください。
と花屋さんにお願いして、「カランコエ」を買って帰りました。
すると、ケーキが用意されていていました。・・・・・・あ~れまぁ
20130220_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (40mm F11 1/720秒 ISO720)【撮影日2013.2.20】



花撮りとしては、やっぱり、花だけ撮りたくなります。
20130220_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (80mm F11 1/60秒 ISO200)【撮影日2013.2.20】


どうしても、マクロで撮りたくなります。
20130220_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F11 1/60秒 ISO3200)【撮影日2013.2.20】

カランコエを調べてみると

花     名:カランコエ
園 芸 分類:草花,多肉植物
形      態:多年草
原  産  地:アフリカ南部、東部、アラビア半島、東アジア、東南アジア
草丈/樹高:10~50cm 開花期 1月~5月
花      色:赤,黄,白,ピンク,オレンジ 栽培難易度 
耐  寒  性:弱い 耐暑性 強い
特      性:常緑性,開花期が長い,カラーリーフ,初心者でも育てやすい

ということで、初心者のわが家にピッタリです。

2013年2月19日 (火)

新宿御苑(8)旧御涼亭

新宿御苑についての続きです。
日本庭園の先に変わった建物が建っていました。
なんか、中国風ですね。
20130219_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (32mm F8 1/200秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】


裏へ廻ってみると、こんな感じです。
20130219_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (18mm F8 1/200秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】




何と、先日の東京大雪で、木が屋根に倒れていました。
当然のことながら立ち入り禁止です。
20130219_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (18mm F8 1/125秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】


新宿御苑旧御涼亭ですが、

この建物は皇太子(後の昭和天皇)御成婚記念として台湾在住邦人の有志から贈られたものである。
旧御休息所の平面形状に卍形のモチーフが見られるなど、
清朝中期以降の台湾で用いられた建築様式(中国南方のピン南建築様式)の特徴が現れている。
わが国では、大倉集古館(1927年築、東京都港区虎ノ門)と並ぶ本格的中国風建築物である。
平成の保存改修工事では、屋根まわりの形状を創建時の姿に復元するとともに、
耐震補強を行い、あわせて、破損・腐朽部の修繕を実施した。

とのことであります。

2013年2月17日 (日)

折田不動公園の梅

横浜市都筑区に折田不動公園という公園があり、隠れた梅の名所となっています。
白梅は、まだ咲き始めですが、紅梅はもう結構咲いていました。
20130217_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (26mm F8 1/1600秒 ISO800)【撮影日2013.2.16】

どこでも、紅梅のほうが、早咲きのようです。
20130217_2
Sony NEX-5 E16mm f2.8 with VCL-ECF1 (10mm魚眼 F10 1/160秒 ISO200)【撮影日2013.2.16】


白梅はどうかというと、南斜面の梅が咲き始めでした。
20130217_3
Nikon D300 Tamron SP AF11-18mm f/4.5-5.6 Di II LD Aspherical [IF] (16mm F9 1/1600秒 ISO800)【撮影日2013.2.16】

晴天のなかに白梅が映えていますね。
20130217_4
Sony NEX-5 E16mm f2.8 with VCL-ECF1 (10mm魚眼 F10 1/250秒 ISO200)【撮影日2013.2.16】

快晴のなかでの花見は、たいへん気持ちが良かったです。

2013年2月16日 (土)

大倉山公園梅林

今日は、少し寒かったけれど、快晴でありました。
電車に乗って、30分くらいのところに、大倉山公園梅林という、有名な梅林があります。
まだ、行ったことがなかったし、咲き具合はどの程度かなぁ。と思い、行ってみました。
東急線大倉山駅を降り、公園に入るとすぐに、「大倉山記念館」があります。
20130216_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F8 1/800秒 ISO200)【撮影日2013.2.16】


梅林は、この記念館の裏手になります。
梅林は、早咲きの梅が数本花をつけていましたが、大部分の木は蕾のままでした。
20130216_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (24mm F8 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.2.16】

こちらの赤い梅は満開に近いですね。「紅千島」という名の梅です。
20130216_3
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F8 1/800秒 ISO200)【撮影日2013.2.16】

最高に近づいて撮った写真がこちら。
柵の中にあって、これ以上は、近づけなかったんですよ。
ここの梅林は、柵で覆われていて、入って近づけない木が、かなりありました。
20130216_4
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (29mm F5.6 1/200秒 ISO100)【撮影日2013.2.16】


こちらは、白梅の中では開花が進んでいた「野梅」という名の梅です。
この梅があちこちに植わっており、花がほころび始めていました。
20130216_5
Nikon D300 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F3 1/2500秒 ISO200)【撮影日2013.2.16】



こちらは、ピンク色でなかなか綺麗でした。・・・・なまえ記録忘れです。
20130216_6
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (200mm F8 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.2.16】



最後は、野梅が咲き誇っている様子を強調してみました。
20130216_7
Sony NEX-5 E16mm f2.8 with VCL-ECF1 (10mm魚眼 F10 1/320秒 ISO200)【撮影日2013.2.16】

全体としては、2分咲きといったとこでしょうか。
この感じですと、満開は、3月2日の土曜日と予想しました。晴れるといいんだけどね。

2013年2月15日 (金)

近所の公園の梅の花(2)

今日は天気が悪かったんですが、明日は快晴の予報です。
明日は、午前中、また、梅の撮影に近所の公園へ行きます。
そろそろ、満開に近づいていると思うんですけどね。
ということで、今日は、先日撮影した梅の花の続きです。
20130215_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (112mm F5.3 1/160秒 ISO200)【撮影日2013.2.11】

このピンク色の梅は、この時すでに、かなり咲いてました。
20130215_2
Nikon D300 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (340mm F5 1/500秒 ISO200)【撮影日2013.2.11】
with Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II


数少ない、白梅がこちらになります。
20130215_3
Nikon D300 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (340mm F5 1/800秒 ISO200)【撮影日2013.2.11】
with Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II



そしてマクロでは、こんな感じです。
20130215_4
Nikon D300 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F6.3 1/1000秒 ISO200)【撮影日2013.2.11】

こういうマクロ撮影は、ピントをどこに合わせるかが難しいですね。
一応、めしべの根元を狙ったんですが、ジャスピンではなかったようです。
もう少し絞ったほうが良かったかもね。

2013年2月13日 (水)

新宿御苑(7)日本庭園

新宿御苑を奥の方へ進むと、よ~く手入れされた日本庭園があります。
20130213_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (26mm F4.1 1/500秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】
6枚横撮影 Photoshop で加工


パノラマスライドはこちらで御覧ください。



手入れが行き届いていますね。遠方は代々木のNTTビルです。
えぇ、ビルが曲がっているって? 超広角レンズを使うと曲がっちゃいます。
20130213_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (18mm F8 1/500秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】


おお、遠くで、体操やっている。
20130213_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (18mm F8 1/1600秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】


近づくと、ラジオ体操のようです。しかも、外人さんのグループでした。
20130213_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (48mm F7.1 1/1600秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】

2013年2月12日 (火)

新宿御苑(6)寒椿

新宿御苑の紹介がまだ、終わっていませんでした。
寒椿であります。花の形は、サザンカそっくりです。
20130212_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F7.1 1/200秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】


きっと、サザンカの親戚に違いないです。
20130212_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4 1/500秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】

一輪、とっても綺麗に咲いていた花を見つけました。
20130212_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F7.1 1/400秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】



ということで、寒椿について、調べました。

カンツバキは、ツバキと サザンカの交雑種とされるツバキ目ツバキ科ツバキ属の常緑中低木です。
花弁と雄蕊が合着している椿の特徴、花弁が一枚ずつ散る山茶花の特徴、性質を合わせ持ちます。
冬の代表的な花木であり八重咲きの薄紅花が代表ですが、赤や白、桃色の一重や八重咲きもあります。
葉は暗緑色で小さな槍形をしており葉縁に鋭い鋸歯があります。
常緑で、横に広がりやすく、刈り込みに強い性質なので、庭木や垣根に使われます。
カンツバキと、サザンカの違い目は、背の高さで、サザンカは高くなりますが、カンツバキは背が低いです。


ということで、背が低いのカンツバキで、サザンカとの違い目のようです。

2013年2月11日 (月)

近所の公園の梅の花(1)

この連休は、快晴がつづき、しかもこれといった予定が何もなかった私は、
近所の公園めぐりをして、梅の開花を追っかけていました。
ピンク色の梅のほうが開花が早いようで、すでに五分咲きくらいになっていました。
20130211_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (200mm F5.6 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.2.10】


実は、このくらいの咲き加減の頃の写真が一番好きだったりします。
一輪のアップを観れば・・・・
20130211_2
Nikon D300 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F4 1/800秒 ISO200)【撮影日2013.2.10】


白梅は開花が遅く、やっと一連が咲いている枝を見つけました。
20130211_3
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (200mm F5.6 1/1000秒 ISO200)【撮影日2013.2.10】

アップにして撮りたくなるんですよね。
20130211_4
Nikon D300 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F6.3 1/1250秒 ISO200)【撮影日2013.2.10】

2013年2月10日 (日)

湯島天神の様子

昨日、湯島の白梅、学問の神様、湯島天神の様子を観に行きました。
ただいま、「湯島天神梅まつり」開催中。
20130210_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (26mm F7.1 1/2500秒 ISO1000)【撮影日2013.2.9】

鳥居をくぐれば、
20130210_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (56mm F7.1 1/1000秒 ISO1000)【撮影日2013.2.9】

本殿の前には、出店がいっぱいです。
20130210_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F7.1 1/1600秒 ISO1000)【撮影日2013.2.9】

はい、牛もいました。

20130210_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F8 1/1250秒 ISO1000)【撮影日2013.2.9】

学業の神様なんで、今の時季、合格祈願の学生がたくさんいました。
20130210_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F7.1 1/800秒 ISO1000)【撮影日2013.2.9】


絵馬の奉納のご覧のとおり。
そういえば、昔、私もこちらで神頼みしました。
20130210_6
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F7.1 1/1000秒 ISO1000)【撮影日2013.2.9】

梅の開花はまだ、一分咲き程度でしょうか
20130210_7
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F7.1 1/400秒 ISO1000)【撮影日2013.2.9】

紅梅で唯一咲き始めていた梅がこちら。
湯島天神の梅は、背景が今一つになりがちなんですよね。

20130210_8
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F7.1 1/2000秒 ISO1000)【撮影日2013.2.9】

「湯島の白梅」と言えば、この歌

湯島通れば 想い出す
お蔦主税の 心意気
知るや白梅 玉垣に
残る二人の 影法師

いつの歌かといえば、何と戦前の昭和17年。なぜか、この歌知っているんです。
私のおばさんが若いころ歌っていたのを、子供ながらに聞いて覚えたんですよ。

YouTubeで検索して見れれば、
http://www.youtube.com/watch?v=zCZTnYVricQ

登録されていました。小畑実の唄なんですね。

2013年2月 9日 (土)

新宿御苑(5)子福桜

花は他にないかと、歩いていると、ありました、「コブクザクラ」です。
よ~く見ると、白い小さな花が咲いていました。
20130209_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F9 1/250秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】

近寄ってみると、こんな、あんばいです。
20130209_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F9 1/1600秒 ISO800)【撮影日2013.2.3】



20130209_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F9 1/1600秒 ISO800)【撮影日2013.2.3】

戻ってから、コブクザクラについて調べてみると、

子福桜(コブクザクラ)
バラ科サクラ属の落葉小高木。
十月桜(ジュウガツザクラ)と同様に秋から冬、早春にかけて咲く。八重咲き。
樹高は2~7メートルくらいです。葉は細長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は10月から4月くらい。
原木は熱海市にあり、遺伝研の研究者によって発見された。
名の由来は、普通八重咲きは結実しにくいが、
一つの花に複数の雌しべがあるために複数の実をつけるというところからきている。

とのことでした。

2013年2月 8日 (金)

新宿御苑(4)十月桜

スイセンと福寿草以外は、なかなか花を見つけられませんでしたが、
やっと見つけた、「十月桜」です。
20130208_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F9 1/1000秒 ISO800)【撮影日2013.2.3】

この桜は、咲き始め? 咲き終わり? よくわかりませんですわ。
20130208_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F9 1/1250秒 ISO800)【撮影日2013.2.3】


ちなみに、十月桜とは、

花は中輪、八重咲きで淡紅色。開花期は4月上旬、10~12月。
10月頃から咲き始め、翌春にも咲く、年2回花を咲かせる珍しい桜です。

花が4月上旬頃と10月頃の年2回開花する。花は十数枚で、花弁の縁が薄く紅色になる。
また萼筒が紅色でつぼ型である。春は開花期に新芽も見られる。
また、春のほうが花は大きい。樹高は5m程。
シキザクラ、コブクザクラ等も年に2回開花する。また、フユザクラは冬に咲くが、別種。
秋口に咲く特徴から紅葉する樹木と共に植えられることもあり、
桜と紅葉が楽しめるように設置される事もある。

とのことです。

2013年2月 7日 (木)

新宿御苑(3)スイセン

それでは、この時季のメインであった、スイセンの花です。
生垣で囲われた中に、たくさん咲いています。
20130207_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F9 1/640秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】


福寿草といっしょに咲いているんです。・・・・あれぇ、ここには福寿草はありません。
20130207_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4 1/1250秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】


こちらが、ニホンズイセンです。
地中海原産で、古くペルシアからシルクロードを通って、中国から渡来したと言われています。
フサザキスイセンの仲間で、全国の海岸に群生しています。
花は冬から春にかけて咲き、芳香があります。
と、説明されていました。
20130207_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F8 1/800秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】



そして、こちらが、ペーパーホワイトです。
ニホンズイセンと同じ「房咲き水仙」の仲間で、
「房咲き水仙」の原産地は地中海沿岸地方で、シルクロードを経由して中国にもたらされた。
日本へは、平安時代に遣唐使などによって薬草として持ち込まれ、野生化して日本水仙(ニホンズイセン)となった。
日本水仙(ニホンズイセン)の特徴は真ん中にある副冠といわれる、
杯状の部分が黄色いことだが、このペーパーホワイトは純白である。
とあります。
20130207_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F8 1/500秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】



私は、白いほうが好きですね。

最後は、特殊フィルターをかませて、撮ってみました。
20130207_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (28mm F3.2 1/6400秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】
マルミ光機 「スポット」 フィルター 使用


広角で、絞りを開けたほうがいいとの情報でしたが、今一つわざとらしくってね。
もう少し、研究してみます。

2013年2月 6日 (水)

新宿御苑(2)フクジュソウ

さて、新宿御苑での、この時期の花、「福寿草」です。
こんな感じで、スイセンといっしょに咲いています。
20130206_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F8 1/500秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】


これが、柵があって、中に入れないので、
望遠レンズで撮ることになりました。
20130206_2
Nikon D700 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (340mm F8 1/500秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】
With Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II



私の望遠では、これ以上近寄るのは無理です。
20130206_3
Nikon D700 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (340mm F8 1/500秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】
With Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II




ところが、別の場所に、近寄れる福寿草が咲いてました。
こちらが、お気に入りです。
20130206_4
Nikon D700 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (200mm F9 1/640秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】

2013年2月 5日 (火)

新宿御苑(1)ソシンロウバイ

それでは、新宿御苑に行った時の花々を詳しく紹介します。
まずは、新宿口から入って、すぐのところにあった、ソシンロウバイです。
20130205_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F8 1/500秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】



もう、満開になっていました。
20130205_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (52mm F9 1/1000秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】


青空に映えますねぇ
20130205_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (80mm F8 1/500秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】


こちらは、ちょっと雰囲気を変えて、逆光からです。
20130205_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F8 1/1250秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】

ちなみに、解説には、

ソシンロウバイ(素心蝋梅)
中国原産の落葉低木のロウバイの園芸品種です。
花の中心まで黄色く、強い芳香があるのが特徴です。

と書かれていました。

2013年2月 4日 (月)

梅が咲き出しましたね。

この間の土曜日。暖かかったですね。
そこで、ひょっとしたら、梅が咲き出したかも・・・・と思って、近所の公園へ行ったんです。
ピンクの梅が咲き始めてました。
20130204_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F8 1/640秒 ISO640)【撮影日2013.2.2】


いやぁ、待ち遠しかったです。
20130204_2
Nikon D700 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (200mm F5 1/1600秒 ISO640)【撮影日2013.2.2】



まだ、開花は、ほんの少しです。でも、アップにしてみると、咲いてます。
20130204_3
Nikon D700 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (200mm F5 1/1600秒 ISO640)【撮影日2013.2.2】


実は、このピンクの梅。毎年、蕾を見たことありませんでした。
今年は、何回も行ったおかげで、蕾もしっかり見ることができました。
・・・・・・しかし、アップにしたいのが、花撮りの習性です。
20130204_4
Nikon D700 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (200mm F5 1/1600秒 ISO640)【撮影日2013.2.2】
トリミングしてます。



白い梅は、なかなか見つけることが出来ず、やっと見つけたのがこちらです。
20130204_5
Nikon D700 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (200mm F6.3 1/1000秒 ISO640)【撮影日2013.2.2】

2013年2月 3日 (日)

新宿御苑ヘ行きました。

今日は、一日、いい天気でしたね。
昨日よりは、寒くなりましたが、それでも厳冬ではなくなってきています。
新宿口到着は、AM10:00ちょっと前。・・・・・人通りも少なめです。
20130203_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F6.3 1/2000秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】

入るとすぐ右手には、スイセンが咲いていました。
20130203_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F8 1/800秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】

20130203_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F8 1/800秒 ISO320)【撮影日2013.2.3】

こちらはフクジュソウです。
20130203_4_2
Nikon D700 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (200mm F9 1/640秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】


そして、梅も、かろうじて、見つけました。
20130203_5
Nikon D700 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (200mm F9 1/250秒 ISO400)【撮影日2013.2.3】

概要は、こんな感じでしたが、
これから、何回かに分けて、詳しく、ご紹介していきます。

2013年2月 2日 (土)

CP+2013に行って来ました。

CP+2013が、今回も、横浜みなとみらいで開催されてます。
ここんとこ、毎年、行っています。
20130202_1
Sony NEX-5 E18-55mm f/3.5-5.6 OSS (18mm F4.5 1/80秒 ISO200)【撮影日2013.2.2】

目的は、写真用品年鑑の雑誌をもらうため。
これがあると、何かと新しい発見があるんです。
それと、今回は、雲台の触り心地を試したいと思っていました。
20130202_2
Sony NEX-5 E18-55mm f/3.5-5.6 OSS (18mm F4.5 1/80秒 ISO200)【撮影日2013.2.2】

実は、今使っている安物の雲台が、重いレンズを乗せると、頭をもたげるんですよ。
良い感じのはないかなぁ。と思っていましたが、
国産メーカーはあんまり出品がなく、Benlo と SIRUI が中心
使い心地はよさそうだけど・・・これって中国製なんだよね

ニコンブースへ行くと、大盛況ですね。しかも、全レンズが大集合の様子。
20130202_3
Sony NEX-5 E18-55mm f/3.5-5.6 OSS (18mm F3.5 1/80秒 ISO250)【撮影日2013.2.2】

交換レンズ群も、欲しいといえばキリはないしね。・・・ガマンガマン

ほうっと感心したのが、D3に14-24㍉f/2.8のカットモデル。
レンズが詰まってますね。重いわけだよ。
20130202_4
Sony NEX-5 E18-55mm f/3.5-5.6 OSS (23mm F4.0 1/80秒 ISO1600)【撮影日2013.2.2】


日本カメラ博物館が中央にあり、カメラグランプリの毎年の受賞機材が展示されていました。
ちなみに、第一回は1984年でニコンFAだったんですね。
20130202_5
Sony NEX-5 E18-55mm f/3.5-5.6 OSS (21mm F9 1/40秒 ISO500)【撮影日2013.2.2】

最後に、なにげに撮った、いかす写真を一枚。
やはり、写真はライティングが大切ですね。・・・・・ちなみに富士フィルムの X100s
20130202_6
Sony NEX-5 E18-55mm f/3.5-5.6 OSS (22mm F11 1/80秒 ISO200)【撮影日2013.2.2】

2013年2月 1日 (金)

秋バラの再紹介(3)_キンカク

黄色鮮やかな金閣「キンカク」です。・・・・こちらも1枚限りです。
20130201_1
Nikon D700 Ai Nikkor ED 180mm f/2.8S (180mm F5.6 1/800秒 ISO200)【撮影日2012.10.24】

名前の通り、国産ですね。

品種名:キンカク 金閣
系 統:HT
作出年:1975年  
作出国:日本
作出者:岡本勘治郎
花 色:鮮やかな黄色
花 径:大輪(14センチ)
花  型:剣弁高芯咲き
香 り:微香
開花期:四季咲き性

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

カテゴリー

最近のトラックバック