« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の記事

2013年1月31日 (木)

秋バラの再紹介(2)_つるピース

つるピースです。
これは、ほんと綺麗だったんですが、なぜか、写真が一枚だけなんでした。
20130131_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (170mm F5.6 1/160秒 ISO200)【撮影日2012.10.24】

品種名:つるピース
系 統:ClHT ハイブリッドティ
作出年:1950年  
作出国:アメリカ
作出者:L A Brady  
花 色:黄に桃の覆輪
花 径:巨大輪
香 り:微香
開花性:一季咲き
樹 形:つる
伸 長:3m~4.5m
樹 勢:強い

2013年1月30日 (水)

秋バラの再紹介(1)_サイレンスイズゴールデン

いやぁ、ネタがなくなり、どうしょうと思っていましたが、
昨年、10月24日、生田緑地のバラ園に行った時の追加を、いくつか紹介します。
主だったものはアップしたんですが、撮影として、「あれぇ、こんなはずでは」と思い、外した作品です。
・・・そういう目で観てくださいネ。
まずは、「{サイレンス イズ ゴールデン」
どこが気に入らなかったかというと、花に注ぐ光が強すぎ、色が飛んでます。
20130130_1
Nikon D700 Ai Nikkor ED 180mm f/2.8S (180mm F4 1/640秒 ISO640)【撮影日2012.10.24】


こちらは、もうちょっと絞って撮りたかった。
20130130_2
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F6.3 1/8000秒 ISO800)【撮影日2012.10.24】

まあ、ISO感度も間違えていまして・・・・・・
20130130_3
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F6.3 1/5000秒 ISO800)【撮影日2012.10.24】

花 名:サイレンス イズ ゴールデン
系  統:(CL)つるバラ
作出年:2010年
作出国:イギリス
花 色:オレンジ~イエロー
花 径:4㎝
開花期:返り咲き
花 形:丸弁半八重咲
香  り:微香
その他:花名は欧州のことわざです。2007年ハーグ国際コンクール金賞受賞

2013年1月29日 (火)

庭のパンジー

いやぁ、何をアップしようかと思いましたが、
先日、試しに撮った、庭のパンジーです。
20130129_1
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F5.6 1/1250秒 ISO200)【撮影日2013.1.27】

逆光で撮ってみました。
20130129_2
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm f/2.8S (105mm F5.6 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.1.27】


レンズを取っ替えてみました。
20130129_3
Nikon D700 Tamron SP AF90mm f/2.8 Di MACRO 1:1 (90mm F4.5 1/1600秒 ISO200)【撮影日2013.1.27】

実は、昨日紹介したフィルターで、いいの撮れないかなぁと思って、
チャレンジしたんですが。・・・・・・・失敗でした。

ということで、完全に、ネタがきれましたね。・・・・さあ週末まで、どうしよう

2013年1月28日 (月)

これは何だろう?

実は、ある特殊フィルターを手に入れたんです。
マルミ光機の「スポット」というフィルターです。
「周辺に独特のボケをつくり、中心はシャープに写します。広角レンズの使用が最適です。」
と説明されてます。
20130128_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (75mm F4 1/40秒 ISO200)【撮影日2013.1.12】

確か、試しにテレビを撮ったと思うんですが、昔の電話機のようでもあり、
よく見れば、棒を指す手も見え、不思議な写真です。

まだ、花には使っていません。

2013年1月27日 (日)

日本民家園

生田緑地には、日本民家園があります。
全国から移築された国の重文などを含む貴重な古民家20軒余りが建ち並ぶ、
昭和42年開園の野外博物館となっています。

ちなみに、こちらの写真は、飛騨白川郷にあった山下家住宅で1階部分は現在蕎麦処です。

・・・・・ただ、入園料が500円と・・・・ちょっと高いな・・・・ということで、
20130127_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F6.3 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】


外から、眺めるだけにしました。
20130127_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F9 1/80秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】

そして、半分凍った池を通って、帰路につきました。
20130127_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F5 1/320秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】

これで、生田緑地の紹介も、おしまいです。

さあて、ブログの手持ちがなくなった。
今日、近所の公園へ行ったけど、梅は、まだだし、花がない状況でした。

2013年1月26日 (土)

ミツマタです。

生田緑地の広場を散策すると、なにやら、花らしきもの。
ミツマタであります。花?、実?
20130126_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F5 1/160秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】



よくみれば、3つに分けれてました。
20130126_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】




説明書はこちら。どうやら、これも蕾のようです。
20130126_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (66mm F5 1/500秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】

2013年1月25日 (金)

機関車の展示

生田緑地には、かわさき宙(そら)と緑の科学館という施設があって、
庭には、なんと実物のD51が展示されていました。
20130125_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (28mm F10 1/80秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】



鉄道は詳しくありませんが、デゴイチと言う名の機関車は知ってました。
20130125_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (40mm F10 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】

まあ鉄ちゃんは、こういうのが、実際に走っているところを撮るんでしょうね。
20130125_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (28mm F10 1/100秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】

最後は、横からの勇姿です。
20130125_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (34mm F6.3 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】

2013年1月24日 (木)

岡本太郎美術館

神代植物園の帰りしな、生田緑地によったんです。
中には、岡本太郎美術館がありました。
この時は、「小野佐世男」の展示会でした。
20130124_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F5 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】


階段を登ると、手前の池に、岡本太郎らしいモニュメント。
20130124_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (34mm F5 1/500秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】

パノラマで撮影した全貌はこちらです。・・・かなり強引に作成してます。
20130124_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F9 1/320秒 ISO200)
6枚 横撮影 Photoshop で加工 【撮影日2013.1.5】


こちらをクリックすると、パノラマスライドをご覧いただけます。


中は撮影禁止なので、写真は、こちらの入り口のみです。
20130124_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (40mm F5 1/30秒 ISO320)【撮影日2013.1.5】


庭園には、真ん中に大きなモニュメントが一つ。
20130124_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F9 1/320秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】


近づいてみると、こんな感じです。
20130124_6
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED (18mm F9 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】


「母の塔」と命名されておりました。
20130124_7
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (52mm F9 1/100秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】

2013年1月23日 (水)

神代植物公園(12)_ボタンです。

最後は、この時の、催事でありました「新春のぼたん展」の様子です。
20130123_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F3.2 1/1600秒 ISO800)【撮影日2013.1.5】


こちらは、「天衣」との名前です。
20130123_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (50mm F5 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】


こちらは、「新国色」という名前です。ちょっとアップにしてみました。
20130123_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5.6 1/125秒 ISO800)【撮影日2013.1.5】

こちらは、「太陽」という名前です。
20130123_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (32mm F5.6 1/320秒 ISO800)【撮影日2013.1.5】

赤い傘でデコレーションされた、「島津」です。
20130123_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (28mm F5 1/125秒 ISO220)【撮影日2013.1.5】

ぼたんも、たくさん種類があるんですね。・・・・初めて知りました。

以上で、神代植物公園の紹介を終了します。
ご閲覧いただき、ありがとうございました。

2013年1月22日 (火)

神代植物公園(11)_外は寒かったです。

温室から、外に出ると、寒いのなんのって。
チヨット歩くと、満開のサザンカがありました。
20130122_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F4 1/100秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】


しばらく歩くと、黄色い果実。
ミカン科のタチバナという果実です。
20130122_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F6.3 1/100秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】



ちょっと行くと動く物体。追っかけてみれば、トラネコ。
20130122_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】



アッブで撮ろうと近づくと、にらまれました。
20130122_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】

ネコの撮影も難しいですね。

2013年1月21日 (月)

神代植物公園(10)_ラン

ベゴニア園のあと、温室の最後はラン園となる。
ランという花。花のアップより、樹木全体を撮ったものが、私は好きなのですが、
ここでは、いろいろな種類が密集しており、どうしても花のアップとなってしまう。
ランの花は、単品で見ると、昆虫を想像してしまうのは、私だけだろうか?
20130121_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4 1/80秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】


20130121_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4.5 1/125秒 ISO320)【撮影日2013.1.5】



20130121_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4.5 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】



20130121_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (75mm F4.5 1/125秒 ISO640)【撮影日2013.1.5】



20130121_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (75mm F4 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】

色は綺麗なんだけどねぇ
今一つ苦手な花なのです。

2013年1月20日 (日)

梅はまだかなぁ

今日は、快晴のいい天気でした。ブログを閲覧していると、
梅の開花の頼りがいくつかありました。
快晴をバックに梅の花・・・・・いいですね。
ということで、今日、昼過ぎから、梅の花を探しに、いつも行く、近所の公園を廻りました。
・・・しかし、蕾は膨らんでましたが、残念ながら、まだ開花はありませんでした。
20130120_9
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4.5 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.1.20】

開花まで、あと1週間ですかねぇ

神代植物公園(9)_ベゴニア

神代植物園の紹介が途中でした。
スイレンの次の部屋は、ベゴニア温室でした。
入室しましたところ・・・・・また、レンズ曇っちゃいました。・・今度は軽傷です。
20130120_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F4 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】


それでは、色鮮やかな大輪のベゴニアを御覧ください。
20130120_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (66mm F4 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】


ベゴニアというと、小さい花のイメージがありましたが、大きいのに驚きました。
20130120_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (66mm F4 1/100秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】


温室ならではですね。
20130120_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4 1/100秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】


バラの花を見ているようでもあります。
20130120_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4 1/100秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】


こちらは、ピンク色のベゴニアです。
20130120_6
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5.6 1/125秒 ISO640)【撮影日2013.1.5】


いろいろ種類があるもんですね。
20130120_7
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F4 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】


というわけで、出口では、摘んだ花を水瓶につけておりました。
20130120_8
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (52mm F4 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】

2013年1月19日 (土)

走水神社「パワースポット」(4)山の上の神社

本殿から、山の上の方に登っていくと、まずあるのが、弟橘媛の記念碑
で、明治43年に東郷平八郎海軍大将、乃木希典陸軍大将らによって建立されました。
・・・・それで、海軍が絡むのですね。
ちなみに、碑には
さねさし さがむのおぬの もゆるひの ほなかにたちて とひしきみはも
と書かれています。
20130119_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (40mm F5 1/100秒 ISO500)【撮影日2013.1.12】


そこから少し行くと神明社の鳥居です。
こちらも、鉄製です。
20130119_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F5 1/100秒 ISO500)【撮影日2013.1.12】


次の鳥居が最後で、諏訪神社、神明社、須賀神社の共通鳥居です。
20130119_4
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (170mm F5.6 1/80秒 ISO500)【撮影日2013.1.12】



石造りの三つの祠が鎮座しています。
20130119_3
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F5 1/100秒 ISO500)【撮影日2013.1.12】


ここが、頂上で、お参りして戻ります。
そこで、また1つ発見。 古代稲荷神社跡と表札があり、
20130119_6
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (24mm F3.8 1/60秒 ISO500)【撮影日2013.1.12】


石碑がありました。・・・こちらは古そうです。
20130119_5
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (36mm F4.2 1/30秒 ISO640)【撮影日2013.1.12】


以上で、走水神社の紹介を終わります。
パーワースポットですので、見られた方々に、ご利益がありますよう・・・・

2013年1月17日 (木)

走水神社「パワースポット」(3)本殿の裏

本殿の全景はこんな感じなんですが、
20130117_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F5.6 1/125秒 ISO500)【撮影日2013.1.12】


裏手に廻りますと、この神社の本チャンになります。
なにこれ・・・あのカッパは????
20130117_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F3.5 1/30秒 ISO500)【撮影日2013.1.12】

よく、本殿より、裏浅間と言われていますが、この岩に掘られた
神殿は・・・・カッパの水神社です。
20130117_3
ikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (24mm F3.8 1/30秒 ISO560)【撮影日2013.1.12】

びっくりするのが、左右のカッパ
でも、カッパだったら、もう少し、歴史を感じさせるものの方がいいと思うんだけど・・
20130117_4
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (55mm F4.8 1/25秒 ISO1600)【撮影日2013.1.12】

どこにでも、売ってそうなんだなぁ・・・
20130117_5
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (70mm F5 1/30秒 ISO1400)【撮影日2013.1.12】

しかし、カッパの手前においてあるビー玉の意味はいったい何


この2つのカッパ。
確か、以前は、水汲場にいたと記憶しています。
まあ、この神社は水と縁がふかいそうです・・・・・
20130117_6_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (22mm F3.8 1/20秒 ISO1600)【撮影日2013.1.12】

ここから、山の上に登るんですが、まあ、海の景色がよろしいですね
20130117_7
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (112mm F11 1/500秒 ISO500)【撮影日2013.1.12】

2013年1月15日 (火)

走水神社「パワースポット」(2)本殿

さて、本殿へ向かいます。
こちらは、二の鳥居・・・・鉄製です。
20130115_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F8 1/30秒 ISO280)【撮影日2013.1.12】


あれが、本殿なんですが、行く途中には、いろいろなモニュメントがあります。
20130115_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (35mm F5.6 1/125秒 ISO500)【撮影日2013.1.12】

救命艇の大舵で作られた舵の碑です。
弟橘媛命の碑です。はっきり言って、ナタか包丁に見えます。
20130115_3
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F5 1/100秒 ISO500)【撮影日2013.1.12】

すぐ、左脇に、こんな包丁塚があるもんだから、さっきの碑が、包丁に見えるんですね。
日本武尊と蛤料理が、深い縁があるため、包丁塚が建立されたようです。
これが、作られたのは、最近だと思います。
20130115_4
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (26mm F5 1/100秒 ISO500)【撮影日2013.1.12】

針の碑は昭和58年2月8日に建立されました。2月8日の「針の日」に、
針に対して心を込めて感謝を捧げ、針の碑が建立されました。
なぜか?・・・・知りません。
ちなみに、石碑には、
草枕
旅の丸寝の
紐絶えば
あが手とつけろ
これの針持ち
と書かれています。・・・・万葉集から
20130115_5
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (27mm F4.5 1/80秒 ISO500)【撮影日2013.1.12】

こちら、ロシア軍の水雷です。
明治43年6月、弟橘媛命辞詠記念碑の序幕に当たり、
建立を発起した人によって走水神社に奉納されました。
発起した人には、東郷平八郎、男爵高崎正風、なと、そうそうたる面々。
そして、上村彦之丞により奉献されたものが、機械水雷です。
20130115_7
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (32mm F4.5 1/80秒 ISO500)【撮影日2013.1.12】


本殿に登りますと、右手に、狐が・・・・・稲荷神社です。
20130115_6
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (32mm F4 1/50秒 ISO500)【撮影日2013.1.12】

2013年1月14日 (月)

走水神社「パワースポット」(1)鳥居 

三浦に行くと、いつも寄る神社が、こちらの走水神社です。
この神社は、浦賀の東、観音崎の北側、走水港を見下ろす高台に立つ神社です。
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東夷征伐でここから千葉のほうへ海路をとった際に海難
に遭い、夫人の弟橘媛(オトタチバナヒメミコト)が身を投じて海神の怒りを鎮めた
という逸話があり、この神社は、日本武尊と弟橘媛命が祭神となっています。

境内には富士山の伏流水が永い時間をかけて湧いて出ると伝わる井戸があります。
また社の裏手にはカッパが祀られていて、水と縁の深い神社です。

TVなどで江原啓之氏がパワースポットとして紹介し、有名になりました。
鳥居のまわりのモヤモヤ・・・パワースポットのせい?・・・・これは単なるフレァです。
20130114_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F8 1/1250秒 ISO200)【撮影日2013.1.12】


境内に入ると、奥に境内があります。
最初の鳥居は石づくりですが、2つ目の鳥居は、鉄のパイプ製。
20130114_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (20mm F8 1/320秒 ISO200)【撮影日2013.1.12】


振り返れば、遠くに、海が見えます。
20130114_3
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (32mm F8 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.1.12】


対岸は千葉県になります。
20130114_4
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (200mm F8 1/640秒 ISO200)【撮影日2013.1.12】

走水の湧水で、手を洗います。ここの水は、富士山の伏流水が永い時間をかけて
湧いて出るもので、ごりやくのある水だけを汲みに来る人もいるようです。
20130114_5
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F8 1/30秒 ISO200)【撮影日2013.1.12】


こちらが、受付のカッパです。
20130114_6
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (22mm F8 1/30秒 ISO200)【撮影日2013.1.12】

こちらのパワースポットは、夫のために自らを犠牲にしたオトタチバナヒメミコトの
「夫婦の絆」、「愛のエネルギー」が溢れているパワースポットだそうです。

2013年1月13日 (日)

三浦海岸へ行きました。

昨日は、三浦海岸に住んでいる親戚の家に行きました。
先方に見えるのは、金田湾から三浦半島先端の方への景色です。
夏場は海水浴場で賑わいますが、
冬場は、こんな感じで、閑散としています。
20130113_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (20mm F8 1/1000秒 ISO200)【撮影日2013.1.12】


正面に、マクドナルドがあって、そこが三浦海岸の入り口です。
20130113_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (20mm F8 1/1000秒 ISO200)【撮影日2013.1.12】


反対の、北の方に目を移してみたところ、浜辺にゴミか?
なんだろうと、近寄ってみれば、「おんべ焼き」のあと。(どんと焼きです)
1月7日の夕方に焚いたそうです。~そういえば、焚いているところのブログを観ましたね。
20130113_3
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (18mm F8 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.1.12】


このままってことはないよね。この後始末は、どうするんだろう。
遠くに見えるのは、東京電力、横須賀火力発電所です。

よく見えないって、それでは、こちらで
20130113_4
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR (200mm F8 1/400秒 ISO200)【撮影日2013.1.12】



1957年に建設開始して、最盛期は1970年。8基を有して、創出力263万Kw
当時世界最大級であった。しかし、2010年に発電停止したとのこと。

原発が止まって、こちらの発電所、今や、東京に電気を送る東京電力の重要拠点。

地元には、「発電もなか」という銘菓もあったそうな。
銘菓の復活は、できるのだろうか?

2013年1月12日 (土)

神代植物公園(8)_スイレン

次の部屋に行くと、熱帯スイレンです。水が大量にあるので、
温度はさほど高くなくなり、結露が終了しました。
20130112_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5.6 1/125秒 ISO220)【撮影日2013.1.5】


温室のフレームが水面から反射して、かえって面白く感じます。
20130112_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5.6 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】


これなんか、不思議な模様です。・・・・花もよく見れば、それなりに綺麗ですね。
20130112_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5.6 1/125秒 ISO220)【撮影日2013.1.5】

この日は、望遠レンズは持参していなかったため、
こちらの写真は、トリミングして花を拡大してみました。
  ~まあ、PLフィルターも持参してませんでしたけどネ・・・・  
 
20130112_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5.6 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】
トリミングあり

2013年1月11日 (金)

神代植物公園(7)_温室

ツバキ園は植物園の一番奥にあり、そこから神代小橋という橋を渡って、
戻ります。しばらく歩くと、パンフレットでもお馴染みの光景。
温室に着きます。手前に、噴水とバラ園がありますが、バラはさすがに咲いてません。
20130111_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F8 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】

さてと、温室に入った瞬間、カメラが結露です。
相当の湿気でした。レンズを拭いても拭いても、すぐ曇ります。
20130111_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (56mm F5.6 1/125秒 ISO560)【撮影日2013.1.5】



こちらは、「サンタンカ」アカネ科の熱帯植物と読めました。
レンズが曇っていて、ソフトフォーカスを充てたようです。
20130111_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5.6 1/125秒 ISO640)【撮影日2013.1.5】

これは奇妙な花と、標識をさがすと、
20130111_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F5.6 1/125秒 ISO220)【撮影日2013.1.5】

風呂場の中に居るようですが、「プルグマンシア・アルボレア」と読めます。
20130111_6
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (70mm F5.6 1/125秒 ISO1250)【撮影日2013.1.5】

いやいや、参りました。

2013年1月10日 (木)

神代植物公園(6)_ツバキ

さあて、ツバキは咲いているかな。
と、ツバキ園に到着。数は少ないですが、咲いていました。
まずは、「初雁」という名のツバキです。・・・咲き始めという感じ。
20130110_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F8 1/40秒 ISO320)【撮影日2013.1.5】



次は、「臘月」という名前で、関西産とのことです。
20130110_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (80mm F8 1/125秒 ISO320)【撮影日2013.1.5】



こちらは、「白侘助」だそうです。ちなみに、関東産
20130110_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F8 1/125秒 ISO280)【撮影日2013.1.5】




最後は、真っ赤なツバキ、されど、標識なしです。
20130110_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F8 1/125秒 ISO450)【撮影日2013.1.5】

ツバキは、赤がいいんだなぁ
え、葉がギザギサはサザンカだって・・・ていうことは、これサザンカかなぁ?

2013年1月 9日 (水)

神代植物公園(5)_ロウバイ

いよいよ梅園に入りました。一つくらい、バカ咲きのうめでもないかなぁ、と思ってました。
しかし、・・・・・・おお、寒。
20130109_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F8 1/125秒 ISO320)【撮影日2013.1.5】


でも、ここの梅園は、種類が豊富です。来月が楽しみ。

ちなみに、こちらが、蕾の様子になります。
20130109_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F8 1/125秒 ISO320)【撮影日2013.1.5】

がっかりして、歩いていると、黄色い花の木を発見・・・ロウバイです。
20130109_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F8 1/125秒 ISO320)【撮影日2013.1.5】


近寄ってみると、・・・黄ばんでいるんですが、蕾なんだなぁ
20130109_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (80mm F8 1/80秒 ISO320)【撮影日2013.1.5】

ほころびている花を、探しました。
花咲く寸前です。
20130109_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F8 1/60秒 ISO320)【撮影日2013.1.5】

こちらの梅園では、今日は、ここまでで限界でした。
もう一回行く必要がありそうですね。
20130109_6_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F8 1/800秒 ISO320)【撮影日2013.1.5】

2013年1月 8日 (火)

神代植物公園(4)_ナンテン

公園広場から、梅園に向かって歩くと、ありましたね。赤い花、サザンカであります。
20130108_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F5.6 1/800秒 ISO800)【撮影日2013.1.5】



サザンカも、垣根仕立てにしなければ、普通の木になるんですね。
まわりにも、垣根仕立てのサザンカとか植わっていましたが、
旬は、ちょっと超えたかなってとこです。この木が、一番、花が付いていました。

しばらく歩くと、木が赤く染まっていました。・・・・なんだろう
20130108_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F5.6 1/160秒 ISO320)【撮影日2013.1.5】


近寄ってみると、ナンテンであります。・・・・これは花ではないか
20130108_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (80mm F5.6 1/100秒 ISO320)【撮影日2013.1.5】

2013年1月 7日 (月)

神代植物公園(3)_パンパスグラス

池からちょっと歩くと、大きな芝生の広場にでます。
「芝生広場」と呼ばれています。そこの真ん中。
あ、あれは、パンパスグラスだ。
20130107_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F5.6 1/1250秒 ISO320)【撮影日2013.1.5】



近寄ってみれば、3㍍くらいの高さはありますね。
20130107_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F5.6 1/800秒 ISO320)【撮影日2013.1.5】


しかし、これは花ではない。

で、売店近くまで歩いたところ、ありました。ありました。
しかし、この花の名前がわからないんだなぁ。
まわりは、芝桜っぽいんですが
20130107_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F5.6 1/250秒 ISO320)【撮影日2013.1.5】

2013年1月 6日 (日)

神代植物公園(2)池

公園に入り、左手をちょっと進むと、池があります。
特に、池に名前はないようなのですが、所々、しっかり凍っていました。
正面に、「マツの雪釣り」・・・・おススメ情報に記載されてました。
20130106_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (45mm F11 1/80秒 ISO800)【撮影日2013.1.5】

左手には、西洋像・・・・・ちょっと場違い。
湖面の反射がクッキリなので許せるかなぁ。
20130106_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F11 1/50秒 ISO800)【撮影日2013.1.5】


それにしても、寒い。
足元は、シモバシラ。 歩けば、サクサク音です。~何十年かぶりの音と感触
20130106_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F8 1/125秒 ISO500)【撮影日2013.1.5】

2013年1月 5日 (土)

神代植物公園(1)入り口

今日も寒かったですね。しかも曇空・・・・・
東京地方は最高気温が5°とかの予想がでていて、
いつもの、私では、コタツで丸くなるところですが、今日は、違いました。
また、1度も行ったことのなかった、神代植物公園に行ったのです。
理由なんですが、
ここのバラもなかなか凄らしい。サクラ、梅も咲くという。との情報から、
事前に一度行っておいたほうが、
駐車場の具合とか、公園の広さとか、把握が必要である。と思ったからです。
それに、今、ぼたん祭りをやっている。というし、温室があって、そこは温かい。
との理由もありました。・・・・ 行くなら朝一番と、AM9:30 開門と同時に到着しました。
こちらが、入口です。・・・・どうですか? ~寒そうでしょう。
20130105_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (34mm F8 1/200秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】


先に、噴水のある、メインの広場をご紹介しましょう。
20130105_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (35mm F8 1/125秒 ISO200)【撮影日2013.1.5】
8枚 横撮影 Photoshopで加工

パノラマスライドは、こちらをクリックしてください。
なんにも咲いていないですね。・・・・・よく見ると、花の残骸が少々。


ここは、バラ園で、春には、バラが咲き誇ります。
20130105_3
(こちらは、東京都のホームページからの引用です。)

さて、花を探して、公園の中の探索に行こう・・・・ということで、しばらく次回に続きます。

2013年1月 3日 (木)

ネコのチィー

田舎の実家にいる、ネコのチィーです。
16才になったとのことなので、人間で言えば、超お婆さんになります。
20130103_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (75mm F4 1/125秒 ISO2500)【撮影日2012.12.31】


聞いたところによれば、昨年、口内炎から、激ヤセして、命も危なくなったそうです。
うちの、お祖母様が、看病して、復活したそうです。
20130103_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (80mm F4 1/160秒 ISO2500)【撮影日2012.12.31】


実は、この子の母親がミーといいまして、一時期は、ミーとチィーの2匹がいました。
さすがに、ミーは10年くらいまえだかに、ご他界されました。
ミーとチィーは、瓜二つ、よく似ていました。
20130103_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (66mm F8 1/60秒 ISO200)【撮影日2013.1.2】
内蔵フラッシュ調光あり

毛は抜けるし、絨毯、ふすま、壁はひっかくし、「もう、猫は飼わない」と、
お祖母様は言っていますが、ベタ可愛がりしています。 

2013年1月 2日 (水)

明けましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。兄弟集まって、新年会をやることが、
恒例行事になっていまして、年末は、実家に帰省ていました。
今日、横浜に戻りました。
年末は、紅白歌合戦で白組が勝ったのを観て、ゆく年くる年を観て、
新年を迎えました。さて、初詣に出発。
といっても、実家から歩いて5分のところにある、浅間神社の、"0時8分"です。
20130102_1
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (26mm F9 1/60秒 ISO4000)【撮影日2013.1.1】

人が並んでいるのは、初詣の順番待ちです。

焚き火は、目が2つ書かれた縁起だるまを、燃やしているんです。
こちらは、縁起だるまの少林山達磨寺が近隣にあることもあって、
だるまを飾ることが多いんです。
20130102_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (85mm F22 1/60秒 ISO4000)【撮影日2013.1.1】

神楽では、演舞が披露されています。
それにしても、この行列には、驚きです。ここに並んでいる人は、
紅白歌合戦も、ゆく年くる年も見ていないに違いありません。
20130102_4
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F3.2 1/60秒 ISO4000)【撮影日2013.1.1】

神楽殿は、私が小さい頃に、よく遊んだとこで、天井裏にも潜入したことがあります。
演舞は、新年の、この時にしか、披露されません。
20130102_3
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (75mm F4 1/60秒 ISO6400)【撮影日2013.1.1】

この写真、ISO6400ですが、まあまあ、見れますでしょ

並んで、やっと、初詣をすませ、焚き火にあたります。
20130102_5
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F6.3 1/60秒 ISO4000)【撮影日2013.1.1】

帰って、寝ました。
次の朝、AM6:30に目覚めて、実家の2Fの窓から、日の出を待ちます。
地平線には、雲が少しあって、あって、この写真は、AM7:10でした。
20130102_6_2
Nikon D700 Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF (24mm F11 1/500秒 ISO200)【撮影日2013.1.1】

本年も、よろしくお願いします。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

カテゴリー

最近のトラックバック