« 秋バラ紹介(16)_スペルバウンド | トップページ | 秋バラ紹介(18)_ロイヤルプリンセス »

2012年11月12日 (月)

秋バラ紹介(17)_シンデレラ

今日ご紹介するのは、「シンデレラ」です。
小さく、可憐な白い花が、たくさん咲いていました。
20121112_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ISO200 f4.2 1/1600秒 35㍉【撮影日2012.10.24】

近寄ってみると、
20121112_2
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ISO200 f5.6 1/1600秒 150㍉【撮影日2012.10.24】

こんな具合です。また、別の角度からは、こんな具合です。
20121112_3
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ISO200 f5.6 1/1600秒 150㍉【撮影日2012.10.24】


花 名:シンデレラ
系  統:ミニチュア
花 色:白~淡いピンク 極小 平咲き
咲き方:四季咲き
香  り:なし
樹  形:木立性 30cm
作出年:1953年
作出国:オランダ
作出者:de Vink
その他:このバラは、丸みを帯びた白か、ソフトピンクの愛らしい花が咲く、
     オールドローズの雰囲気を持つロマンティックなつるバラです。
     つややかな濃緑色の葉も魅力的です。繰り返し咲きますし、丈夫な品種です。
     バーデンバーデン、ジュネーブ、ローマコンクールで金賞、銀賞受賞しました。

ところが、調べると、2003年が作出年という情報があり、色がソフトピンクであるとの
説明がありました。まあ、見た花は純白でしたので、1953年作を執ることとしました。

« 秋バラ紹介(16)_スペルバウンド | トップページ | 秋バラ紹介(18)_ロイヤルプリンセス »

花_バラ」カテゴリの記事

コメント

写真道楽人さん、今晩は。
 背景のぼかしがいいですね。それと毎回説明があるので、
 とても参考になります。
 それから、私事ですが、この前折角コメントを下さったのに、
 読みそびれ、返事も書いていませんでした。申し訳ありま
 せんでした。
 

tamaさん、コメントありがとうございます。
tamaさんのブログは、いつも拝読させてもらってます。
植物の詳しい分析が興味深いです。
コメントのことなんか気になさらなくって結構ですよ。

これほどたくさんのバラを丹念に調べておられて、敬服いたします。
どれも綺麗ですね。また名前の付け方もお洒落です。
愛する猫と同じ Lady Anne なるバラはあるのでしょうか?
もしあるとすれば、ふくよかなバラと思います。

ananさん、コメントありがとうございます。
ありましたよ。・・・・でも、残念ながら、今回の撮影には入っていませんでした。
今度、挑戦します。
■花名:プリンセス・アン
■花色:ディープピンク
■香りの種類:ティ 
■香りの強さ:4 
■樹形:1.2m×1m
■作出:Austin
咲き始めは赤に近い濃ピンク色で、次第にディープピンクを帯びる。
四季咲き性が強く、初冬まで絶え間なく咲き続ける。
樹形はブッシュタイプのため、生垣や花壇に適する。
花名はエリザベス2世第一王女にちなむ。
イギリスの栽培家が選ぶ2011年度最優秀新品種賞受賞。

まあ!調べてくださってありがとうございます。
現英国女王のお嬢様、アン王女ですね。
あの方は大変おてんばでした。
赤毛のアンもしかり。
この名前のせいで、あの気質なのですね。

ananさん、コメントありがとうございます。
今度、バラ苑へ行ったら、「アン」を探して、きっと撮りますよ (^_-)☆バチッ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋バラ紹介(17)_シンデレラ:

« 秋バラ紹介(16)_スペルバウンド | トップページ | 秋バラ紹介(18)_ロイヤルプリンセス »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
フォト

カテゴリー

最近のトラックバック