« 横浜名所探索(15)港が見える丘公園→元町へ | トップページ | 秋バラ紹介(1)_サマー・メモリーズ »

2012年10月27日 (土)

生田緑地ばら苑の秋バラを紹介します。

生田緑地には、閉鎖された向ヶ丘遊園の一画にあった、
ばら苑が、ボランティアによって、大切に保存されています。
毎年、春秋2回、開花のシーズンにだけ無料で開園されます。
ここ数年、私も通っています。
20121027_1
Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G ISO200 f11 1/320秒 18㍉【撮影日2012.10.24】

20121027_2


今年は、10月24日(水)に、休みをとって、バラの写真を撮りに出かけました。
バラの撮影は、曇りの日が理想なんですが、当日は、あいにく快晴でした。

今回は、花の名前を、すこしでも覚えていきたいと思い、名前を記録していくことに
しました。撮影した花数は98種類。ただし、今年は、夏が長かったせいか、
花の形が、今一つであったのと、時季がちょっと見頃を、超えていたようで、
ご紹介できるものは、数すくなくなっちゃいました。

まずは、名前を記録しもれた1品。
20121027_3
Nikon D700 Ai Nikkor ED 180mm F2.8S ISO200 f2.8 1/640秒 180㍉  with PK-13 【撮影日2012.10.24】

今回、新しい望遠レンズ(180mm F2.8S)をGETし、持ち込んでいます。
といっても、10年くらい前の中古です。
でも、このレンズ、きれいな写真が撮れそうです。 

これから、何回かにわたって、綺麗に撮れたバラの花を、ご紹介します。

« 横浜名所探索(15)港が見える丘公園→元町へ | トップページ | 秋バラ紹介(1)_サマー・メモリーズ »

花_バラ」カテゴリの記事

地域紹介」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

おおっ! 180mm f2.8ED 初見参
PK-13を入れているんですね。
いいレンズ、でしょっ!
どんな感じでしたかね?

ぽよりん さんコメントありがとうございます。
良いレンズですよね。明るくって、ピント合わせやすいし、ピントのヘリコイドが大きくて
スムーズ。ピタっとピントがわかりますね。絞りはf2.8~f5.6くらいを使いました。
ボケのぐあいも、大変いいし、こんな写真がいいなぁと思う構図がファインダーに見えます。
PK-13での守備範囲は、アバウト100~150㌢くらいですかね。
ちょうど、花1~2つ分。ぴったしです。
PK-12くらいで、5つくらいの花を撮すのがいいなぁと思っていましたが、
秋バラは、春の時に比べて、数は少ないし、カッコ悪いのが多くて、
まとめ撮りの機会はあんまりありませんでした。

 おはようございます。大規模なバラ園ですね。★パリンドロームのご近所にもありますが、、、今年はゆっくり楽しめそうな予感が(^^;)します。★パリンドロームの場合は長く連れ添ったEF70-200mmF2.8Lと最近導入した一脚となります。

パリンドロームさん、コメントありがとうございます。
70-200mm F2.8 は、私も持っているんですが、
Nikonのは、最短が1.5㍍くらいであり、花撮りには、
ギリギリ間尺が合わないっていうか、もうちょっとだけ近づきたいと思うことが、
多いんです。私のはGタイプで、絞りリングがないため、
中間リングを付けられないんです。
であれば、ということで 180mm f2.8 導入に踏み切った次第です。
まあ、はっきり言って、花には、こっちの方が使いやすいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生田緑地ばら苑の秋バラを紹介します。:

« 横浜名所探索(15)港が見える丘公園→元町へ | トップページ | 秋バラ紹介(1)_サマー・メモリーズ »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト